御所南にまたまたワコールの宿泊施設『京の温所』発見!!

SHARE

御所南にまたまたワコールの宿泊施設『京の温所』発見!!

 

 

先日発見した

ワコールの京町家の宿泊施設

京の温所 麩屋町二条

 

 

 

 

 

 

そして

 

その麩屋町通の東隣

御幸町通

 

網のようなシートに覆われた

現場があります。

 

 

 

 

 

 

 

網シートの向こう側に

建築看板が見えます。

 

 

 

ワコールの文字が私には見えました。

 

 

 

 

 

京都御所 × ワコール

 

京都らしいとはこの事です。

 

 

 

 

 

そして

このワコールによる宿泊事業、

WWDの記事によると  ※2018/4/30 (MON) 16:00

 

このプロジェクトは楠木章弘・ワコール町家営業部部長の提案でスタート。ワコールが賃貸借契約で町家を借り上げ、改装後に「京の温所」として運営し、10~15年後にはオーナーに返却し、後世につないでもらうというものです。楠木部長は、「改修費用は全てワコールが負担し宿泊施設として運営後にオーナーに返却する。オーナーは住居にしてもいいし、借家にしてもいい」と話します。岡崎の物件の改装にかかった費用は約数千万円で、それに加えてオーナーへの家賃が毎月発生します。その上無料でオーナーに返却とは、オーナーにとってはまさに“棚からぼた餅”。このようなシステムでワコールに利益が出るのかと同部長に聞くと、「宿泊施設として稼働しはじめれば、十分機能するはずだ」と言います。

 

 

改修費用は全てワコールが負担し宿泊施設として運営後にオーナーに返却する

岡崎の物件の改装にかかった費用は約数千万円

 

すごいビジネスモデルですね。

さすが

京都のワコールです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください