AMG 嵐山の美術館『(仮称)ay-museaum project』

SHARE

AMG 嵐山の美術館『(仮称)ay-museaum project』

 

葛野大路四条

 

 

 

ベンツがある

あの交差点です。

 

 

 

 

 

その北にはスターバックス。

 

 

 

 

そんな

スタバ×ベンツの最強の交差点

 

葛野大路四条。

 

 

 

その西南側に

今にも解体されそうな雰囲気を醸し出す

ビルがあります。

 

 

 

 

西院ビル
株式会社AMG

 

 

 

事務所移転のお知らせ。

 

 

 

AMG。。。。

 

どこかで聞いたことのある名前だと

記憶を辿れば

嵐山でした。

 

 

 

渡月橋の上手。

 

 

 

 

今日も行列の『アラビカ』越しの

建築中の建物。

 

 

海外からの旅行者が行列をなしているのが

『アラビカ』のスゴいところです。

世界的に有名なんでしょう。

 

 

いつも賑わっています。

 

コーヒー飲むなら

わざわざ店に入らず

景色を楽しみながら

ここで飲みたくなりますよね。

 

 

 

 

 

 

(仮称)ay-museaum project

 

AMGの美術館です。

 

 

 

 

 

京都新聞WEB記事参照

 

【 2017年03月29日 14時30分 】

京都・嵐山に美術館構想 アイフル創業者が私財

美術館予定地

 京都・嵐山の渡月橋近くで、近現代日本画を中心とする民営美術館を2019年夏以降にオープンさせる計画があることが28日、分かった。周辺施設とも連携し、嵐山一帯の地域活性化に結びつける。

計画地は多くの観光客が行き交う渡月橋北詰西側の料亭跡地(京都市右京区)。消費者金融大手アイフル(下京区)創業者の福田吉孝氏が、個人による地域貢献の一環として、嵐山のにぎわいづくりや文化振興を目的に私財を投じて建設する。

すでに地元にも計画を説明し、着工に向けた手続きを進めている。美術館の運営は、近くの文化観光施設「小倉百人一首殿堂 時雨殿」の改修にも関わる右京区の不動産管理会社が担う見通し。「嵯峨嵐山日本美術研究所」も立ち上げ、専門の学芸員も確保した。日本画の企画展示などで時雨殿との連携も図る考えだ。

美術館では福田氏が個人で収集した日本画数百点を展示する。円山応挙や竹久夢二など江戸中期から明治時代に活躍した高名な画家の作品もあり、実現すれば嵐山に新たな文化拠点が誕生することになる。

 

 

その隣には

 

 

 

 

ホテルが予定されています。

 

 

 

 

ホテルと美術館の間です。

 

 

 

保津川です。

どこからが

桂川になるんでしょう??

渡月橋を越えれば桂川??

 

 

 

天気が良ければ

こんなキラキラとした景色になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です