『京都駅』北東エリアの広大なガレージがホテルに動き出す!! 『アパホテル京都駅東』は今年12月開業

SHARE

『京都駅』北東エリアの広大なガレージがホテルに動き出す!! 『アパホテル京都駅東』は今年12月開業

 

 

京都駅東エリア

 

 

 

 

 

 

滞留していた風が

吹き始めました。

 

 

 

 

 

駅真東には

 

 

今年2019年8月29日に開業した

三井ガーデンホテル京都駅前(136室)

 

 

 

 

その隣には

 

 

 

 

 

今年2019年1月29日に開業した

京阪ホールディングスによる

THE THOUSAND KYOTO(ザ・サウザンド キョウト) (222室)

 

 

 

 

 

 

 

北へ

塩小路通を越えると

 

 

 

 

 

完成間近の

巨大なホテルが。

 

 

 

今年

2019年12月10日開業予定の

 

アパホテル京都駅東

 

400室!!

 

 

 

 

 

建設中の初期には

1Fテナント募集をしていましたが

さて

どんなお店が入るのでしょうか?

 

 

 

 

そんなアパホテルの北には

 

 

 

2004年に建築された

分譲マンション

パデシオン京都駅前Ⅱ番館

 

 

 

 

 

2004年当時と比べ

かなり資産価値が高まっているのでは

ないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

チャンスは目の前を

平等に通り過ぎます。

 

さらに北には、

 

 

 

通りの左では

解体現場が2ヶ所ほど、

 

『旅館 銀閣』が解体されています。

新築に建て替えられ2021年に

新築開業を目指します。

 

 

 

 

東側(右手)のガレージでは

工事が始まりそうです。

 

 

 

ホテル計画地の更地の奥には

さらにホテルが建設中です。

 

 

 

 

 

ガレージが

バリケードで仕切られています。

 

 

 

 

長年塩漬けにされてきた

広大なガレージが分割され

徐々に商品化されています。

 

 

 

 

 

 

七条通側には

 

 

 

 

建築標識が設置されています。

 

 

 

387室!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その隣で建築中のホテルは

 

 

472室!!

 

 

 

 

 

京都タワーを望む

このガレージ。

 

 

 

 

全てがホテルに生まれ変わる日も

来るのでしょうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。