2018年現在の『京都エリア』新築分譲マンション特集!! 計画案件も!!

SHARE

2018年現在の『京都エリア』新築分譲マンション特集!! 計画案件も!!

 

(2018.7.18掲載)

本日の京都新聞 朝刊記事より引用。

 

上半期マンション市場動向
京都市内発売戸数35%減
価格も下落
中心部開発減少

 

 

不動産経済研究所が17日発表した今年上半期(1~6月)のマンション市場動向によると、京都市内の発売戸数は前年同期比35・4%減となり、平均価格も6・2%下落した。外国人宿泊客の堅調な需要を見込んだホテルの用地取得により、市中心部の物件開発が減少。供給が市の周辺部や近郊地域にシフトしている。

 

京都市内の発売戸数は266戸減の485戸だった。平均価格は268万円減4060万円で、2016年の5千万円台をピークに2年連続で減少した。契約率は0・6ポイント増の74・6%で、好不調の目安である7割を超えた。

 

発売戸数と平均価格の減少には、市中心部での宿泊施設の建設ラッシュが影響している。中京、下京両区の「田の字」と呼ばれるエリアでは、宿泊施設の開発業者による用地取得が活発化し、地価が釣り上がっている。同社大阪事務所は「マンション開発業者が田の字地区に手が出せない状態が続いている。開発エリアが、地価が比較的安い右京区や伏見区、南区へと移りつつある」と分析する。

 

 京都市を除く府の発売戸数は57・0%減の64戸と少なかったが、平均価格は24・9%増の4978万円だった。価格を押し上げたのは長岡京市や向日市の物件。京都市中心部の供給が減った分、交通利便性の高い近郊地域で高額物件が出回っていると見られる。契約率も31・8ポイント増の82・8%と好調だった。

 

滋賀県の発売戸数は53・2%増の213戸で、平均価格は7・9%減の3474万円。大津市や栗東市で大型物件の供給があった。契約率は7・8ポイント減の74・2%だった。

 

下半期の見通しについて、大阪事務所は「発売戸数が上半期に伸び悩んだ分、下半期に出回るのではないか。ただ、京都市内中心部の供給は依然として壊滅的で、周辺部への開発シフトはしばらく継続する。需要がある一方で供給が少ない分、契約率は上昇していくだろう」と予想している。

 

 

まず

注目すべき点として

マンションの平均価格

 

市内が4060万円

市外が4978万円

 

市外エリアの価格の高さが目だちます。

 

本来なら市内を離れると安くなるイメージですが

市外でも駅近など人気の立地の物件が多いのでしょう。

 

逆に言うと

安く仕入れることができる利便性の悪い郊外の物件を

デベロッパーが仕入れていないという事です。

 

ほんの10年前なら

新婚さんならとりあえず新築マンション購入みたいな

流れがありましたが

今や誰もが手が届く価格では無くなっており

富裕層向きの商品になってしまっています。

 

 

そして

『田の字エリア』は

京都市内中心部の供給は依然として壊滅的

 

そんな状況です。

 

 

では

現在の京都エリアの新築分譲マンション

を見て行きましょう!!

 

 


北区

 

(1)ローレルコート京都北野 (総70戸・完成2017年8月)

(撮影2018.7)

 

 

 

 

 

(2)京都市北区小山南上総町66番地 (総25戸・完成2016年6月)
※築後1年経過しているため新築物件ではありません。

(撮影2018.7)

 

 

 

 

左京区

 

(3)J.GRAN THE HONOR 下鴨糺の杜 (総99戸・完成2017年5月)
※築後1年経過しているため新築物件ではありません。
※一般定期借地権のマンションです。

下鴨神社参道という立地の話題になった定借マンションです。

 

(撮影2018.7)

 

 

 


 

 

 

(4)リーガル京都聖護院 (総4戸・完成予定2018年10月) 

 

(撮影2018.8)

 

 

中京区

 

(5)ジオ御所南 夷川富小路 (総20戸・完成2018年2月) 

(撮影2018.7)

 

 

 

(6)ジオ京都御池油小路ザ・テラス (総49戸・完予2019年6月) 

(撮影2018.7)

 

 

 

 

(7)グラン・リソシエ京都四条 (総38戸・完予2019年2月) 

(撮影2018.7)

 

 

 

(8)ライオンズ京都御所南 室町通 (総23戸・完予2019年3月) 

(撮影2018.7)

 

 

(9)ザ・パークハウス 三条油小路  (総37戸・完予2018年8月) 

※参照:当ブログ記事(2018.7.3)

京都の不動産過熱感!! 中心部の新築分譲マンション急減!! 京都市内の7税務署で最高路線価プラスに!! 

(撮影2018.8)

完成しました!!

 

 

 

 

(10)ジオ御所南 二条柳馬場  (総16戸・完成2017年5月)
     ※築後1年経過しているため新築物件ではありません。

ラスト1邸!!

(※2018年8月)

 

 

 

 

下京区

 

(11)シエリア京都西大路  (総58戸・完予2018年10月) 

(撮影2018.7)

 

 

(12)シーンズ京都西大路五条パークホームズ   (総93戸・完予2019年2月) 

(撮影2018.7)

 

 

 

 

南区

 

(13)ジオ京都桂川  (総98戸・完予2019年1月) 

(撮影2018.7)

 

 

 

右京区

 

(14)ローレルコート京都太秦天神川  (総168戸・完予2018年9月)

(撮影2018.7)

 

 

 

(15)パラドール四条山ノ内ウエストシティ  (総95戸・完予2019年2月)

(撮影2018.7)

 

 

3期連続完売御礼で

早くも最終期の印象です。

 

 

京都ファミリー近くの物件は

中古にしろ新築にしろ大人気ですね。

 

 

(16)プレサンス ロジェ 太秦天神川  (総54戸・完予2019年3月)

(撮影2018.7)

 

 

 

(17)ライオンズ嵯峨天龍寺若宮 東の邸・西の邸
       (東の邸24戸・完予2018年8月/西の邸112戸・完成2018年3月)

(撮影2018.7)

 

西の邸。

 

 

東の邸。

 

 

(18)イニシア桂大橋 (総158戸・完成2017年6月)
※築後1年経過しているため新築物件ではありません。

(撮影2018.7)

 

 

 

(19)ル・パルトネール 京都 御屋敷町  (総36戸・完成2016年5月)

※築後1年経過しているため新築物件ではありません。

(撮影2017.8)

 

 

(20)プラネスーペリア京都西院  (総45戸・完成2018年2月)

(撮影2018.8)

 

 

ラスト1邸!!

(※2018年8月6日時点)

 

 

 

伏見区

 

(21)プレサンス レジェンド 六地蔵  (総176戸・完予2019年5月)

(撮影2018.7)

 

 

 

 

(22)ライオンズ伏見桃山 指月城  (総78戸・完成2017年3月)
※築後1年経過しているため新築物件ではありません。

(撮影2018.7)

 

 

 

 

 

(23)ライオンズ伏見寺田屋西グランフォート (総58戸・完成2017年3月)
※築後1年経過しているため新築物件ではありません。

(撮影2018.7)

 

 

 

 

 

 

 

山科区

(24)イーグルコート山科椥辻ステーションフロント  (総70戸・完予2019年8月)

 

(撮影2018.7)

 

 

(25)クレヴィア京都 山科  (総75戸・完成2018年2月)

(撮影2018.7)

 

(26)プレージア京都 山科東野  (総70戸・完成2015年12月)
※築後1年経過しているため新築物件ではありません。

(撮影2018.6)

 

 

 

(27)イーグルコート山科椥辻シエロガーデン  (総99戸・完成2018年7月)

(撮影2018.7)

 

(28)シエリア京都山科  (総77戸・完成2019年2月)

(撮影2018.7)

 

 

 

 

西京区

 

(29)ジオ桂シェノン  (総17戸・完予2018年8月)

(撮影2018.7)

 

 

 

 

長岡京市

 

(30)レ・ジェイド長岡京  (総35戸・完成2018年12月)
     

★最終1邸!!

(撮影2018.7)

 

 

 

木津川市

 

(31)ローレルスクエア高の原プレミスト  (総263戸・完成2017年1月)
   ※築後1年経過しているため新築物件ではありません。

 

(未撮影)

 

現在販売中の分譲マンションは

私の分かる範囲では31物件です。

 


 

 

左京区白川通の

『プラウド京都白川通』

(撮影2018.7)

 

 

完売御礼です。

 

 

 

向日市駅前の

スーパと市役所が入って

バカ売れしていた

『グランマークシティ東向日駅前』

は完売!!

(撮影2018.6)

 

 


(公式HPより)

 

 

 

伏見区中書島の

『レ・ ジェイド伏見中書島』

も完売御礼!!

(撮影2018.3)

 

 

(公式HPより)

 

 

嵐山のジオ京都嵐山

も完売です。

(撮影2018.3)

 

(公式HPより)

 

 

 

そして

地元マンションデベロッパーNO1!!

睦備建設の『パデシオン』の販売物件が

現在無い状況です。

 

 

滋賀県大津の物件も完売!!

2010年建築でバカ売れした

『パデシオン六地蔵 ザ・タワーレジデンス』以降

全く苦戦しているイメージが全く無いですね、

パデシオンは。。

 

 

 

 

マンション計画予定地

 

 

前述の

睦備建設

中京区西ノ京に土地を仕入れています。

(撮影2018.7)

 

 

 

 

そして

近くの太子道通沿いには

今井建設の管理地があります。

(撮影2018.7)

 

 

 

 

 

御所東には

京阪電鉄不動産の計画地。

 

 

45戸です。

 

 

御所の真横です。

 

 

 

 

そして

御所西には

旭化成不動産レジデンス

(撮影2018.7)

 

35戸。

分譲でしょうか?

 

 

 

 

映画村横には

日本エスリードの分譲マンション用地。

(撮影2018.7)

 

 

 

 

44戸です。

 

 

 

 

JR嵯峨嵐山駅南には

関電不動産開発

(撮影2018.7)

 

 

 

62戸です。

 

 

 

 

JR西大路駅西には

『京都市八条市営住宅団地再生事業』の付帯事業用地で

名鉄不動産の102戸のマンション計画があります。

(撮影2018.7)

 

 

 

JR山科駅北には

東レ建設の解体現場があります。

 

(撮影2018.7)

 

 

 

 

城陽市、近鉄寺田駅前には

プレサンス・コーポレーション。

(撮影2018.6)

 

 

下京区西七条にも64戸のプレサンス。

 

 

 

 

 

 

マンションではないかもしれませんが

 

六地蔵の

住友商事が取得した

(元)イトーヨーカドー跡地。

 

(撮影2018.7)

 

 

分譲マンションの噂もありましたが

どうなんでしょう?

ホテルでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

(元)イオン大久保店の跡地も何になるのでしょうか?

 

(撮影2018.6)

 

 

 

 

市内中心部烏丸通に

ダイマルヤの土地があります。

バブルな土地価格と思われるため

マンションにはならないのでしょうね。。

何になるのでしょう?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です