京都らしさとは? 寺とホテルの融合!! 「(仮称)京都浄教寺ホテル計画」運営は三井不動産マネジメント!!

SHARE

京都らしさとは? 寺とホテルの融合!! 「(仮称)京都浄教寺ホテル計画」運営は三井不動産マネジメント!!

 

 

京都らしさ。

 

 

 

 

 

 

京都らしさ。

 

 

 

 

 

 

京都らしさとは?

 

 

 

 

 

 

 

京都らしさを追求していけば

最終的に辿り着くのは

 

寺社仏閣に宿泊。

 

 

世界遺産『仁和寺』前に宿泊施設!! ホテル?

 

 

寺社仏閣でブライダル。

 

バリューマネジメント(株)が京都平安神宮「平安神宮会館」を運営受託・鮒鶴京都鴨川リゾート・アカガネリゾート京都東山‎ & 秋元康氏の総合プロデュースKYOTO  SUSHI  THEATER『寿司は別腹』

 

 

究極には

そこに辿り着くように思います。

 

 

 

そして

本日、2018年2月22日 京都新聞 朝刊記事。

 

「(仮称)京都浄教寺ホテル計画」

 

 

 

地上1階部分が寺院となる

 

 

三井不動産ホテルマネジメントが運営する。同社は京都市内で4店を展開しており、開業予定を含めると今回のホテルで7店目となる。

 

 

 

街へ。

 

 

 

 

 

 

四条寺町

 

 

 

 

 

 

傍らには

フジイダイマル。

 

 

 

南に下がります。

 

 

 

 

 

 

寺町通だけに

寺があります。

 

 

 

 

BEAMS下がる。

 

 

 

 

 

 

(仮称)京都浄教寺ホテル計画

 

 

 

167 室です。

 

 

 

建築主は

浄教寺と京文堂。

 

 

 

 

1Fが寺、その上はホテル

これも

『宿坊』というカテゴリーなのでしょうか?

 

 

 

 

近くには

カプセルホテル

 

 

 

ナインアワーズ 京都

 

 

 

 

秋葉原、日本橋的なイメージだった

寺町通が

いつの間にか。

 

 

 

 

 

 

三井不動産のプレスリリースによると

(2019年2月21日)

 

本計画は、浄教寺が所有する土地に、浄教寺等が寺院とホテルの複合一体建物を新築するもので、竣工後は、ホテル部分(計167室(予定))を三井不動産が賃借し、三井不動産ホテルマネジメントがホテル運営を行います。なお、ホテルの開業は、2020年秋を予定しております。

 

 

三井不動産ホテルマネジメントが運営するホテルとしては、7棟目です。

 

なお、京都市内において三井不動産ホテルマネジメントが運営するホテルとしては、すでに「三井ガーデンホテル京都三条」、「三井ガーデンホテル京都四条」、「三井ガーデンホテル京都新町 別邸」、「ホテル ザ セレスティン京都祇園」の4軒があり、また、「三井ガーデンホテル京都駅前(2019年8月29日開業予定)」、「(仮称)京都五条烏丸町ホテル計画(2020年夏 開業予定)」の開発を推進中で、当ホテル計画は、7軒目となります。

 

 

 

その

三井不動産

 

 

二条城前では

 

 

 

 

 

(仮称)京都二条ホテルプロジェクト(2020年夏開業予定)

 

 

 

 

 

この運営は、

三井不動産リゾートマネジメント(株)です。

 

 

 

 

 

 

烏丸五条では

 

(仮称)京都五条烏丸町ホテル計画(2020年夏 開業予定)

 

 

 

 

 

 

四条西洞院通では

増築計画。

 

 

 

 

 

京都駅前では

三井ガーデンホテル京都駅前(2019年8月29日開業予定)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です