元植柳小学校跡地活用としてタイの高級ホテル「デュシタニ」、向いには「芙蓉総合リース」のホテル計画

SHARE

元植柳小学校跡地活用としてタイの高級ホテル「デュシタニ」、向いには「芙蓉総合リース」のホテル計画

 

 

京都駅の西。

 

 

 

 

七条から西洞院通を上ると

西側に

元植柳小学校跡地

(しょくりゅうしょうがっこう)

 

 

西洞院通の

 

 

 

 

 

東側には

 

 

 

 

 

バリケードが。

 

 

 

 

京の宿 洛兆  解体工事

 

 

 

 

以前の建築主から

変更になっています。

 

建築主/芙蓉総合リース

・ホテル

・4階建

・121室

・営業開始予定2020年12月15日

 

 

 

 

 

 

 

西側の

小学校跡地にも

所々にバリケードが見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都市立植柳小学校

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

廃校となった小学校ですが

時計だけは正確に

時を刻んでいます。

 

 

 

 

 

 

そして

二宮金次郎像がある

この小学校跡地、

 

 

 

 

小学校の跡地活用として

 

 

 

タイの高級ホテル「デュシタニ」

 

が計画されています。

 

 

 

学校の

南側は公園です。

 

 

 

 

 

 

公園から

京都タワーが見えます。

 

 

 

 

小学校の

前の道を西へ行くと

アラビアンというか

アジアというか

オリエンタルを感じさせる近代的な建物があります。

明治44年に建てられた

旧真宗信徒生命保険株式会社本館

 

 

 

 

 

 

 

この通りは

線香の匂いが充満し

なんとも言えない

雰囲気を創り出しています。

 

 

確か

こちらのゲストハウスは

 

 

 

インテリックス

手掛けたものです。

 

 

 

 

 

ヨーロッパやアメリカからの旅行者なら

この通りのオリエンタル感は

たまらないでしょう。

 

 

 

クール ジャポン!!

 

 

 

西本願寺 総門

 

 

 

 

御影堂門

 

いまから、

親鸞さんの話をしよう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。