京都市が元白川小跡地にホテル提案の住友商事と基本協定

SHARE

京都市が元白川小跡地にホテル提案の住友商事と基本協定

京都新聞記事

東山・元白川小跡にホテル提案
市、住友商事と協定
「新たな文化拠点に」

 

 

2011年に閉校した元白川小(京都市東山区)の跡地活用事業で、市は15日、事業契約の候補者に決まった住友商事(東京都)と基本協定を結んだ。同社は、伝統工芸品を内装に使う「ミュージアム・ホテル」をコンセプトにしたホテルを新築する計画を提案中で、21年度の開業を目指す。

中京区の市役所で協定締結式を行った。門川大作市長は「伝統を生かしながら新たな文化をつくる拠点にする」、同社の南部智一専務執行役員は「京都市のますますの発展に尽くしたい」と述べた。

同社の計画によると、地上5階地下1階、延べ約1万2800平方メートルの建物を建設する。「宿泊施設棟」に客室数約200室のホテルのほか、伝統工芸品を展示販売するギャラリーショップが入る。「自治活動棟」は体育館や地元自治会の活動スペースに充てる。

今後、市と同社、地元住民が協議を進めて合意形成を図り、正式契約を目指す。

 

 

三条神宮道

 

 

 

 

 

北側には

平安神宮の鳥居が見えます。

 

 

 

 

元白川小学校跡地

 

 

 

綺麗な外観です。

最近、小学校の跡地活用といえばホテルというパターンが鉄板のような気がします。

 

 

 

東へ行けば『蹴上』です。

 

 

 

 

三条神宮道の交差点の近くには

建築看板が設置されています。

 

 

 

 

(仮称)積和不動産関西株式会社邸工事

 

敷地面積が467㎡で141坪。

隣の建物も入っているのでしょうか。

 

 

 

 

旅館業の看板もついています。

18室の宿泊施設です。

 

 

 

設計者は

積水ハウスとなっています。

 

 

そして

三条通を挟んで向いには

『売物件』があります。

 

 

 

 

webで調べてみると

1億7000万円!!

31坪。

坪548万円。

 

地下鉄「東山」駅歩3分。

今の京都なら驚かない価格ですね。

 

近隣商業地域ですから宿泊施設も建てられますし。

将来的には白川小跡地がホテルになれば

この三条通は祇園に向う人達で賑わうでしょう。

 

三条京阪エリアも再開発で生まれ変わるでしょうし

どこか暗さのあった三条通が

明るくなっていきそうです。

 

それにしても京都は

どこもかしこも億越えですね。。。。

 

 

 

三条通のこれからが楽しみです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です