京阪ホールディングスによる『GOOD NATURE STATION グッド ネイチャー ステーション』12月開業に先立ち5 /18 (土)19(日)「GOOD NATURE」を提案するイベント「こころとからだにおいしいマルシェ『GOOD NATURE market』」 が京阪電車・三条駅前で開催!!

SHARE

京阪ホールディングスによる『GOOD NATURE STATION グッド ネイチャー ステーション』12月開業に先立ち5 /18 (土)19(日)「GOOD NATURE」を提案するイベント「こころとからだにおいしいマルシェ『GOOD NATURE market』」 が京阪電車・三条駅前で開催!!

 

 

 

四条河原町

 

 

 

 

 

 

 

髙島屋 京都店南に

建設中なのが

 

 

 

京阪ホールディングス(株)による

 

ホテルを含む複合商業施設

 

GOOD NATURE STATION
グッド ネイチャー ステーション

 

 

 

 

新しい生活スタイル

「GOOD NATURE」

 

 

 

 

 

健康的で美しくクオリティの高い生活を実現し

循環型社会に寄与する

「BIOSTYLE」(ビオスタイル)という考え方を

より気軽に、より多くの方に

共感いただけるライフスタイルの提案を目指したのが

「GOOD NATURE」(グッドネイチャー)。

 

 

※記事・写真等は参照:プレスリリース ( 2019(令和元)年5月14日) より引用

 

 

 

 

 

 

1F/GOOD NATURE MARKET

 

マーケット、レストランの 2 つのゾーンにて構成します。

 

 

 

2F/GOOD NATURE GASTRONOMY

 

(出店店舗一例)

 

▼CAINOYA

海外や日本の美食家が、その噂を聞いて足を運ぶイタリアンの名店「cainoya」が鹿児島から進出。

 

 

3F/GOOD NATURE STUDIO

 

活力、若返りを意味する「リジュビネーション」をテーマに、毎日にパワーをチャ ージしてくれるフロア。

 

 

 

4F~9F/GOOD NATURE HOTEL  (141室)

 

〈4F カフェラウンジ〉

4階の中庭を望むエリアで

「ボタニカル」をテーマにした特徴あるレストランを展開

 

 

 

 

 

 

 

 

3階部分で髙島屋 京都店と接続します。

 

 

 

 

 

オープンは

 

 

 

2019年12月開業予定です。

 

 

 

 

 

そして開業に先立って

 

5/18 (土)・19 (日)に

施設コンセプト「GOOD NATURE」 を提案するイベント

こころとからだにおいしいマルシェ『GOOD NATURE market』

 

が京阪電車・三条駅前で開催されます。

 

 

 

 

こちらのパーキングで

開催されます。

 

 

 

 

南側、左手に見えるのが

(元)有済小学校。

 

 

 

 

こちらのパーキングは

(元)有済小学校と一体で

 

 

 

 

 

いずれ

京阪ホールディングスにより

再開発されると言われています。

 

ただ

土地の高さ制限20mと容積率600%がネックですね。

 

 

そして

パ—キングの南に見える

 

 

 

 

京阪三条南ビル

 

 

 

 

カフェとホテルを併せ持つ

CAFETEL 京都三条 for Ladies(カフェテル)

 

となり

2018年7月にオープンしました。

 

 

 

 

 

 

眼前は鴨川です。

 

 

 

 

パーキングの東には

 

 

 

京阪電鉄不動産の

マンションギャラリーです。

 

 

 

 

解体でも始まるのか

重機が持ち込まれています。

 

 

 

 

 

そして

京阪グループマンションブランド

THE KYOTO RESIDENCE

 

 

 

 

 

 

象徴的だったのが

昨年末に完売した

 

ザ・京都レジデンス御所東

 

京都市内最高価格の

平均分譲坪単価@530万円で販売されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都市内初、

京都ホテルオークラと提携レジデンスで

京都で創業130周年の「京都ホテルオークラ」が応接を担当。

京都ホテルオークラで経験を積んだコンシェルジュが派遣され、

邸宅の主と賓客をおもてなし。

荷物運びのお手伝い、

京都ホテルオークラのシェフ派遣や ケータリングの申込にも対応でした。

 

 

 

 

 

 

 

現在

京阪グループの勢いは増しています。

 

京都駅周辺で

 

 

 

 

 

 

 

今年2019年1月29日開業した

 

THE THOUSAND KYOTO
ザ・サウザンド キョウト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年12月にオープした

ホテル京阪 京都八条口

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

阪急洛西口駅

 

 

 

 

 

 

 

高架下に

2018年10月に開業した商業施設

TauT(トート)阪急洛西口

 

 

 

 

 

 

駅南に広がる田園風景。

 

 

 

 

 

 

こちらに

ホテルを含む複合商業施設を計画しているのが

京阪電鉄不動産なのです。

 

阪急洛西口駅西側(京都府向日市寺戸町)の約8・4ヘクタールにホテルを含む複合商業施設を誘致する計画で、地権者でつくる「阪急洛西口駅西地区まちづくり協議会」は1日までに、開発業者に京阪電鉄不動産(大阪市)を選んだ。同社は今後、土地の買い取りやホテル以外の施設の業者の誘致に当たり、2026年度のまちびらきを目指す。

 

京阪電鉄不動産が示した構想=イメージ図=によると、開発区域の北側を「にぎわいゾーン」と位置付け、ホテルのほか飲食などの各種店舗を設ける。南側は落ち着いた環境の「うるおいゾーン」として、病院やオフィスなどの立地を想定する。同社は、ホテル複合棟と立体駐車場については自社で建設するが、そのほかについては適当な事業者を誘致するという。

 

 

 

勢いに乗る

京阪グループ。

 

京都の顔になってきましたね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です