JR『梅小路京都西』駅の現況 & 七条通 &『インテリックス』と東山茶わん坂

SHARE

JR『梅小路京都西』駅の現況 & 七条通 &『インテリックス』と東山茶わん坂

 

 

2019年春開業、

JR嵯峨野線の新駅

JR『梅小路京都西』駅

 

 

 

 

 

 

 

 

新駅の

前も工事しています。

 

 

 

 

 

 

新駅が完成すれば

 

KYOCAビル

 

が重要な拠点になるかもしれません。

1・2Fはテナント、3Fはサロン・セミナールーム、4・5Fは居住スペース。

 

 

 

さぁ

どう変わる

七条通

 

 

東側のこの景色がどう変わっていくのでしょう?

 

 

 

西側の景色は?

 

 

 

 

 

七条通の南側。

 

 

 

 

こちらが

『賑わいゾーン』になるのです。

どんなショップが並ぶのでしょうか?

 

 

 

 

そして

向いはホテル計画地。

 

 

 

 

 

 

 

そんな七条通にある餃子店。

 

 

その隣に建築現場が。

 

 

建築看板が設置されていました。

 

 

 

 

東京渋谷の会社が

ゲストハウスをやるようです。

 

 

 

 

 

渋谷というだけで

なんか最先端な感じがします。

 

憧れの渋谷系!!

 

 

インテリックス

 

 

 

どこかで聞いたことのあるような名前だと思い

HPを拝見しました。

 

しっかり作り込まれているHPです。

GOOD!!

 

 

「つくる」を楽しむリノベーション

自分も家づくりに参加できるようです。

 

 

 

 

 

施行例もお洒落です。

 

 

 

 

 

気になったのが

 

アセットシェアリング京町家再生1

 

 

 

(下記画像をクリックするとHPにリンクします)

 

 

 

 

アセットシェアリングとは(公式HPによると)

 

良質な実物不動産を1口100万円単位で
所有できる不動産小口化商品です。

「相続」「資産運用」「資産組替え」にメリットの多い
不動産を小口化することで
より身近に、扱いやすくいたしました。

 

 

京町家の宿泊施設も今や立派な

投資商品になっているのですね。

 

 

ただ宿泊施設のため

利回りは稼働率に左右されるという事でしょうか?

 

京町家のそれなりの立地の物件なら

乱立する個性のないホテルよりも人気はありそうですが。

 

ここ七条通の物件も

アセットシェアリングの商品なんでしょうか?

 

西エリアの将来を見込んでの取得なんでしょう、

さすが速い渋谷系です。

 

 

(追加記事)

 

ついでに

アセットシェアリング京町家再生Ⅰの代表物件

長や 茶わん坂

 

を見に行きました。

※全部で5棟あるようです。

 

五条坂を上がります。

 

 

 

スギドラッグ!!!

 

 

 

 

茶わん坂

 

 

 

京情緒溢れる通りにドラッグストア。

 

これが今の『京都』を表していると思います。

(以前はローソンでした)

 

 

 

ちなみに手前の

日本酒の利き酒屋に行ってみたいです。

 

 

 

みんな昼間から

幸せそうに飲んでます。

 

 

 

 

その茶わん坂を上がると

 

 

 

 

ありました。

 

 

 

長や 茶わん坂。

 

 

 

 

 

 

 

観光地の中の宿泊施設ですね。

 

 

 

向かいの完成間近な建物も

宿泊施設っぽいです。

 

 

 

 

どうですか?

茶わん坂の京町家宿泊施設。

 

 

 

稼働率が全てでしょうが

最近は台風や地震などの自然災害が

稼働率に影響を与えています。

災害のリスクまで考えてしまうと

何もできなくなりそうです、ここ日本では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です