京都の職人が手がけた漆塗りのサーフボード『KYOTO KOUGEI WEEK 2019× FabCafe Kyoto』

SHARE

京都の職人が手がけた漆塗りのサーフボード『KYOTO KOUGEI WEEK 2019× FabCafe Kyoto』

 

KYOTO KOUGEI WEEK 2019

 

京都から世界へ未来志向の伝統産業と、工芸を通じた国際交流を推進し発信するプラットフォームを創っていきます。

 

 

 

京都から世界へ

 

 

(画像は公式HPより、クリックすればリンクしています)

 

 

 

 

伝統工芸×サーフィン

 

 

 

なんだこれは?

と気になっていたら

 

 

昨日、

2019年9月5日の京都新聞 朝刊に記事が。

 

漆の魅力
ボードで発信

 

 

 

 

 

漆のサーフボードは、

京都の漆屋「堤淺吉漆店」(下京区)の

専務 堤卓也さん(41歳)が手掛け

傷や経年劣化を楽しむ漆の活用を提案している。

 

 

 

 

これは

見に行かねばと

昨夜。

 

 

富小路五条

 

下る。

 

 

 

 

繁華街ではない

静かな通りです。

 

奥には

京都タワーが見えます。

 

 

 

 

 

まだ19:30ですが

街はもう眠っているような

静けさです。

人通りもまばらです。

 

 

 

 

 

 

デジタルものづくりカフェ

Fab Cafe Kyoto

 

 

 

通りが暗ければ暗いほど

灯りのついたお店が

一層目立ちます。

 

 

 

 

 

2Fもあります。

 

 

 

traditional crafts

 

 

 

 

お店に入ると

そこは

 

 

 

超〜お洒落な空間でした。

 

 

 

 

 

 

クリエイター達が

話し合っています。

 

 

 

テーブルの上に

自転車。

 

 

 

 

 

 

 

奥に展示されているのが

 

 

 

スケボー × 漆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その横には

 

 

 

サーフボード × 漆

 

 

 

 

世界的ウッドサーフボードシェイパー

Tom Wegener氏の木製サーフボード「ALAIA」に

漆塗り。

 

 

 

 

漆。

 

 

 

 

 

それにしても

 

 

 

 

素敵な空間です。

 

 

 

 

2Fに上がってみます。

 

 

 

2階。

 

 

 

和室が2部屋ほどあり、

コアワーキングスペース的な

使い方がされているようです。

 

 

 

遊びゴコロが

至る所に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンデリア。

 

 

 

 

 

今時な壁に

剥き出しの柱。

 

 

 

 

 

良いお店でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。