京阪七条駅から三十三間堂へ 日本赤十字社 京都府支部・南棟のバリケード

SHARE

京阪七条駅から三十三間堂へ 日本赤十字社 京都府支部・南棟のバリケード

 

京阪七条駅

 

 

 

 

ポテンシャルが高そうな

 

 

 

 

昭和の匂いも残し

可能性を秘めた駅前です。

 

手前のお店には

『閉店』の貼り紙が。

 

 

 

マクドナルドから

始まる七条通。

 

 

 

 

長らく

シャッターに

『管理物件』看板が

ついたままです。

 

 

 

北側にあるラーメン店は

今年2019年1月に

開店したばかりです。

 

 

 

七条通を東へ

 

 

 

大和大路七条手前、

 

 

 

タピタピの波が

ここまでやってきています。

 

 

くま?

 

 

 

その隣は以前

バリケードで覆われていましたが

一部分が現在パーキングに

なっています。

 

 

 

三十三間堂の西側に

バリケードが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテル計画なのでしょうか?

まだ何も動きがありません。

 

 

 

 

 

 

三十三間堂

 

 

 

 

 

 

向かいには

養源院という寺がありますが

 

 

 

血天井!!

 

ウィキより

血天井は、主に日本の戦国時代の武将が戦いで絶命した際の血痕が付いた建物の床板・縁板を、供養などのため天井に張り替えたと言われるもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三十三間堂向かい

その養源院の北に

バリケードに囲まれた建物があります。

 

 

 

 

 

その北側の建物には

 

 

 

 

 

 

日本赤十字社 京都府支部

 

 

 

 

南側の建物は

使われてなさそうです。

どうなるのでしょう?

 

 

 

日本赤十字社の東隣は

 

 

 

ハイアット リージェンシー京都

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七条通をはさんで向かいには

京都国立博物館

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。