(仮称)京都下京区全邸南向きプロジェクト&シエリア京都西大路

SHARE

(仮称)京都下京区全邸南向きプロジェクト&シエリア京都西大路

 

西大路花屋町

 

 

 

その

ライフ・セントラルスクエアの北東方面に

 

大阪ガス都市開発と三井不動産レジデンシャルの

新築分譲マンション

 

(仮称)京都下京区全邸南向きプロジェクト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・7階建

・総93戸

 

 

 

 

 

 

 

 

下京区西大路通には

もう一棟新築分譲マンション。

 

 

西大路八条上る。

あまりにも有名な

高級「生」食パン専門店 乃が美(のがみ)

 

 

 

 

 

 

そこから北へ。

 

朝日生命の南側の更地は

ダイマルヤの賃貸マンションと思われる土地です。

 

 

 

 

 

その更地の向こう側に

建築現場が見えます。

 

 

 

関電不動産開発の

シエリア京都西大路

 

 

 

 

 

 

・7階建

・58戸

 

 

 

 

 

 

両物件とも大手デベロッパーです。

 

西大路エリアですら土地価格の上昇で

大手しか手が出せなくなっているんでしょうね。

 

 

そして

この西大路エリアは

京都市が平成27年3月に策定した、
「多彩な地域資源をつなげ,京都の新しい賑わいを創出するまち」を目指した

京都駅西部エリア活性化将来構想

への期待感がかなりあります。

 

新駅(仮称)JR「七条」駅

 

梅小路公園の横に建築中です。

 

 

 

 

高架の西に見えるのは

 

 

 

 

京都市中央卸売市場

 

南側がホテルを含めた商業施設として開発中です。

 

 

 

 

 

 

昨年8月の京都新聞記事より

 

中央市場南側に複合施設
京都市、事業者決定
ホテルや飲食店入居

 

 

京都市は、中央卸売市場第一市場の再整備に伴う南側空き地の活用策について店舗とホテルの複合施設を提案したスターツコーポレーション(東京都)を契約候補事業者に決めたと発表した。

市場の食材を使った飲食店などが入りホテルは約200室の計画としている。

予定地は七条通に面した4000㎡で建て替える水産事業所の跡地の一部。施設は地上8階。
1~2階の商業施設には地元業者の出店を働き掛け全国的に知名度のある店舗も配置するという。
3~8階がホテルで市がホテル開業を条件に容積率を緩和する制度を適用し、建設する。2階部分でJR山陰線の新駅(2019年春開業)に続く通路とつながる。土地は60年の定期借地契約となる。

 

 

 

 

 

 

 

入口の横の建物は改修中です。

 

 

 

その隣の

「ととや」が気になります。

 

 

 

この七条商店街が

数年後、

劇的に変わる可能性もありますね。

 

 

 

 

 

 

LINEが京都に拠点を構えたりと

京都は注目されています。

 

リサーチパークでベンチャーがどんどん生まれ

京都のシリコンバレーみたいになれば

非常に面白そうでなんですが。

 

 

学生が多く

世界的な企業が集まる京都は

もっともっと

ベンチャー気運で盛り上がっていいはずなのですが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です