MENU

門川市長『市民の安心・安全と地域文化の継承を重要視しない宿泊施設の参入についてはお断りしたい』

 

2019年11月21日

日本経済新聞 朝刊記事より引用

地域配慮なければ
「ホテルお断り」
京都市、観光公害対策で方針
用地、オフィスに厚く

 

 

 

 

門川市長は20日に開いた記者会見で、数年前まで課題だった宿泊施設不足については解消されたと説明した。今後は「市民の安心・安全と地域文化の継承を重要視しない宿泊施設の参入についてはお断りしたい」と語った。

 

オフィスや住宅向けの用地の確保を急ぐ。廃校となった小学校などをオフィスやスタートアップ支援拠点として活用することを検討する。

 

観光客の集中に伴う市営バスの混雑対策については、バスの利用頻度の高い市民などを対象に、混雑する路線を避けて無料で乗り継ぎできる仕組みなどを検討する。

 

 

 

宿泊施設不足については

解消された

(写真と文章は何も関係ありません)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市民の安心・安全と

地域文化の継承を重要視しない

宿泊施設の参入については

お断りしたい

 

 

 

(写真と文章は何も関係ありません)

 

 

烏丸通に

 

 

 

六角通に

 

 

 

 

室町通に

 

 

 

木屋町通に

 

 

 

 

 

七条通に

 

 

 

河原町通に

 

 

 

 

嵐山に

 

 

 

 

東山に

 

 

 

 

 

京都駅に

 

 

 

 

 

熱にうなされた

お宿バブルに

終止符がうたれたようです。

 

(写真と文章は何も関係ありません)

 

 

 

お断りしたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都が

不動産が

新たな局面を

迎えそうです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください