京都タカシマヤ、売り場増床!!  23年春完成目指し、四条通との「隙間」に新ビル

SHARE

京都タカシマヤ、売り場増床!!  23年春完成目指し、四条通との「隙間」に新ビル

 

 

2019年12月11日 京都新聞朝刊より引用

京都高島屋、売り場1割増床へ
来年新ビル着工
集客力を向上

 

 

 

 

高島屋は10日までに、京都・四条河原町の京都高島屋(下京区)の売り場面積を、現在の約5万平方メートルから1割程度増床する方針を固めた。四条通に面する3棟のビルを1棟のビルに建て替え、既存店舗と一体運用する。早ければ2023年3月の完成を目指す。

 

現在の7階建て店舗の形状は北に向かって凹型で、複数の別のビルが四条通で挟まるように建っていた。隙間に建つビル3棟は来年1月から順次解体する。

 

 四条河原町周辺では商業施設の進出や撤退が目まぐるしい。

 

 京都高島屋は、京都市内4百貨店で最大の売り上げ規模を誇る。増床で存在感を高め、集客力を強化する狙いだ。

 

 

同日

日本経済新聞 朝刊にも

 

よりわかりやすい

図が掲載されています。

凹型なのです。

 

 

 

 

 

四条河原町

 

撤退が決まった

京都マルイ。

 

 

 

 

 

 

北西角の路面店

眼鏡市場

12/6に改装オープンしています。

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

京都タカシマヤ

 

 

 

 

 

 

街は

クリスマス気分です。

 

 

 

 

 

タカシマヤ西、

 

 

グッチの隣、

 

 

 

 

 

 

凹型の

タカシマヤとしては

どうしても

手に入れなければならない場所でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(仮称)高島屋京都店増築計画

・7階建

・建築主/東神開発株式会社

 

 

 

 

となると

ますます気になるのは

 

 

 

角の

化粧品店。

 

 

 

タカシマヤであっても

おかしくない場所です。

価格がつけれない立地です。

 

 

 

 

 

他にも店舗が、

こんな一等地でも

店を閉める

余裕さ。

 

 

 

 

 

京都タカシマヤの

東口に

ハイブランド看板が。

 

 

 

 

ブルガリ

 

 

 

ティファニー

 

 

 

エルメス

 

 

 

 

カルティエ

 

 

 

バレンシアガ

 

 

 

 

ボッテガヴェネタ

 

 

 

 

錚々たる顔ぶれです!!

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。