プレサンスが北野白梅町に新築一戸建分譲『プレンサンス アージュ北野東紅梅町』

2020年4月、戸建て大手のオープンハウスが、投資用マンションデベロッパーであるプレサンスコーポレーション(本社・大阪市)と資本業務提携したニュースが流れました。

『超巨大個人商店がオープンハウスに救済を求めた感がある』とこちらの記事には書かれています。

7月18日(日)東洋経済オンライン

プレサンスに試される巨大個人商店からの脱却
関西の猛者が関東エリアの覇者の軍門に

新築分譲マンションのプレサンスコーポレーション

プレサンスコーポレーションと言えば京都では新築分譲マンションデベロッパーのイメージです。

五条通 新町に新たな新築分譲マンション計画地がありました。

新町通上ル

(仮称)プレサンス グラン京都材木町・10階建・38戸

公式HPより

新築分譲マンション供給は全国No.1です

ここ最近ではホテルの一棟売で名前を見かける事も多くありました。烏丸錦の西、「ホテルWBF京都四条 錦邸」の建築主はプレサンスコーポレーションでした。インバウンドの流れでホテル事業に注力していました。

こちらのホテルは現在、WBFの破綻でコンフォートインに変わっています。

プレンサンス アージュ北野東紅梅町

先日、プレサンスの一戸建のチラシが入っていました。

プレサンスがとうとう一戸建??? オープンハウスと資本提携したからなのでしょうか?

説明会場はプレサンスロジェ「京都」マンションサロンへと記されています。

4780万円〜 プレサンスグループ

事業主/プレサンス住販となっています。

プレサンス住販

プレサンス住販の会社概要を見ると

2004年(平成16年)3月「株式会社プレサンスコーポレーション」の完全子会社となる。

となっています。

京都ではプレサンスコーポレーションの新築分譲マンション販売会社として名前を見かけます。

公式HPを見ると2018年からすでに大阪では一戸建分譲を始めていたようです。京都では紫野でも「プレサンス アージュ紫野上門前町」販売中でした。といっても176坪『建築条件無し』の1区画のみ。プレサンスは何をしようとしていたのでしょう?_

では

現地へ

京の七夕な北野天満宮

修学旅行生が京都へ帰ってきました。

夏が始まりました。

北野天満宮から西へ進みます。

紙屋川の橋

紙屋川沿いに建築現場が見えます。

こちらの黒い建物が並んでいるのがプレンサンス アージュ北野東紅梅町

その隣にはプレサンスの看板がついた更地。何を始めるのでしょうか

バリケードにはプレサンス住販「事業用地購入します」

4区画建築しています。

玄関まで階段がついているのは床の高さを上げるためなのでしょう。

今月末(7月末)には完成しそうです。

設備は公式HPをご覧下さい

  • 土地85.57m²~94.45m²(有効宅地面積)
  • 建延88.67m²~99.47m²
  • 間取3LDK、4LDK
  • 販売価格4,780万円~5,230万円(消費税・外構費込)

紙屋川の緑は美しく

水も透明感があって綺麗です。想定外の洪水が気になる所です。

その現場から北へ向かうと

平野神社

本殿が復興中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください