二条城北側、京都社会福祉会館跡地は東京の不動産会社オープンハウスがホテル開発

正月仕様の

二条城

その北、

京都社会福祉会館跡地

2020年12月29日 京都新聞記事より引用

社会福祉会館跡地ホテルに
二条城近く
京都市、東京の不動産会社を選定

京都市は28日、3月に閉館した京都社会福祉会館(上京区)の跡地活用の候補事業者に、富裕層向けホテルの建設を提案した不動産会社オープンハウス(東京都)を選定したと発表した。近くの世界遺産二条城(中京区)との連携を図る提案内容となっている。

提案では、新設する宿泊施設は4階建て、延べ床面積約6500㎡で、客室数は70室。客一人当たりの単価は約4万円を見込む。

建築基準法上、延べ床面積が3000㎡を超える宿泊施設は建てられない地域にあるため、緩和規定がある市の上質宿泊施設誘致制度の活用を目指すという。

売却予定価格は25億5000万円で、

東京の不動産会社
オープンハウス

(写真は公式HPより) なかなかの大手企業です。

住宅事業展開が関東・名古屋・福岡ですので

京都にはあまり馴染みがありませんね。

京都で『オープンハウス』の名前が聞かれたのは

その京都社会福祉会館跡地の西、

銀色のバリケード、

富裕層向けの高級ホテルを世界各都市で運営する外資系の

シャングリ・ラ グループ」のホテル計画地があります。

この土地には以前関わっていました。

※2017年6月21日過去記事参照

京都 あの『二条城北の広大な土地』 東京のオープンハウス・ディベロップメントが取得

そしてこの土地には夢半ばで途絶えた壮大な計画がありました。

2016年6月14日過去記事参照

京都 二条城北土地 「京都二条院離宮構想」日本リゾーツ(株)が民事再生!!

壮大なこの構想が実現していたらどうなっていたのでしょうか。

現在、埋蔵文化財発掘調査中です。

この数年で二条城人気もあり

二条城周辺はかなり熱狂していました。

熱狂でした。

二条城南側には

2020年11月28日に開業した

全25室の外資系スモールラグジュアリーホテル

京都悠洛ホテル二条城別邸 Mギャラリー

二条城東側には

2020年11月3日に開業した

HOTEL THE MITSUI KYOTO

その北東、住宅街の中的な風情の立地には

アジア初進出の

ザ・ホテル京都パレスBWシグニチャーコレクションbyベストウェスタン

二条城人気は周辺に広がり

堀川丸太町にファーストキャビンができた時は驚きました。

ファーストキャビンは烏丸通などのオフィス街のイメージでしたし。

御池通のオフィスビルが

カプセルホテルに生まれ変わった時も驚きました。

現在休業中だと思われます。

堀川通には、

「さぁこれからホテルを建てよう」という更地があります。

解体に至るまでにかなり時間がかかっていましたね。

次のインバウンドを狙うのでしょうか。

ココは世界の京都、確実に観光客は戻ってきます。

ただそれまで持ちこたえれるか、ですね。

二条城の北側の二条公園。

その北側に見えるバリケード。

元NHKだった土地は所有者が変わったりしましたが

まだバリケードには何も表示されていません。

めん馬鹿一代は閉まったままです。

また燃え上がるのか、京都。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。