京阪HDが『(新)商業施設&ホテルBIO-Style』で自社オリジナルの化粧品などを販売

SHARE

京阪HDが『(新)商業施設&ホテルBIO-Style』で自社オリジナルの化粧品などを販売

先日の京都新聞記事。

『京阪  製造小売り本格化

 沿線人口減少、消費多様化に対応

 化粧品など企画から

 京の商業施設で販売』

 

 

京都市下京区の複合施設の完成予想図

 

 

京阪ホールディングス(HD)は、
商品企画から販売までを一貫して手掛ける製造小売り(SPA)事業を
本格化する。

オーガニック(有機農産物)を軸に
健康や美容関連の商品を供給し多様化する消費ニーズに対応する

2019年春に京都市下京区で開業する
ホテルなどの複合商業施設を販売拠点とする。
隣接する京都高島屋と一部連結する計画で
同店と連携して集客力を高める。

『ライフスタイルそのものを提案し
健康や環境に関心の高い消費者が共鳴する商品をそろえたい』

 

 

京都歓楽街の中心地
四条河原町。

 

 

夜ともなればこの輝き。

 

こちらは『京都マルイ』

 

 

今年の7月に
レストラン街が 改装オープンになり話題を集めました。

 

 

新しいお店がオープンしています!!

 

 

インバウンド効果と四条通の歩道拡張などで
人通りが増えているような気がします。

 

そんな四条河原町を下がります。

 

 

 

こちらが京阪HDが予定している
複合商業施設計画地です。

 

 

 

 

中が少し見えました。

 

(仮称)四条河原町計画

 

 

 

 

向い側には
完売御礼となった新築分譲マンション

『プラネスーペリア京都四条河原町』。

 

 

来月1月、
いよいよ完成です。

 

 

 

そして
そのマンションの北隣の建築現場は

 

 

 

東京の

サンフロンティア不動産のホテルです。

 

 

プレスリリースには

ここに当社グループの旗艦店となる高級グレードのホテルを開業すべく、開発事業を開始したもので あります。

 

10階建の高級ホテルが建つようですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です