MENU

住友不動産が二条城北にある市有地2ヶ所(約907坪)を21億4800万円で落札!

2021年12月14日 京都新聞記事より引用

京都市 市有地2ヶ所売却
21億円、予定価格の1.3倍

京都市上下水道局は13日、上京区の市有地2ヶ所が計約21億円で売れたと発表した。予定価格の1.3倍に当たり、落札した住友不動産(東京都)が用途を検討している。

土地は上京区丸太町通智恵光院交差点の南側にある。道路を挟んで隣接しており、敷地面積は計約3000㎡

予定価格を1度目の入札から約4割落とし、計16億円800万円で設定したところ、1ヶ所は4社、もう1ヶ所は5社が競合した結果、予定価格の約1.3倍の計21億4800万円でともに住友不動産が落札した。

丸太町通智恵光院「めん馬鹿一代」その近くにある市有地

『丸太町通智恵光院』といえばファイヤーラーメンで有名な

めん馬鹿一代

NO RAMEN NO LIFE MENBAKA

コロナ前、インバウンドで燃えに燃え上がったお店でした。

コロナ前、一度伺いました。店内は皆、訪日旅行者で隣の方は中国人で日本来たら必ず寄るお店と「めん馬鹿ファンだ」との事でした。店員も流暢な英語を話して接客し、メニューは炎のラーメン一品のみ1300円。次から次へと客が行列をなし、修学旅行生達も来ていました。店主はそんなハードな毎日をここ何年も続けているようでした。

この燃え上がる炎は軽い事故です。

丸太町通沿いのお店は今も休業が続いています。

そして現在、めん馬鹿グループは別業態としてベーグルのお店「カモガワベーカリー」を積極的に出店しています。

※写真は堀川五条

ラーメンからベーグルへ。

そんな、めん馬鹿一代の西、

丸太町通智恵光院の南側にバリケードが見えます。

交差点南側です。

バリケードの南側に周りこむと、道を挟んで2つのバリケード(敷地)がありました。グーグルマップで見ると北側の敷地は「きた下水道管路管理センター」、南側の敷地は「京都市上下水道局総務部丸太町営業所」となっています。

周りは京町家も残る住宅街。一部、宿泊施設になった建物も多数ありましたがコロナのおかげでほぼ稼働できてないのではないでしょうか。

位置関係を見ておきましょう!

二条城も近い立地、住友不動産はホテル、マンション、賃貸マンション、どういう計画を考えているのでしょうか?

二条公園の北側の元NHK跡地のその後

この住友不動産が取得した敷地の西側には、同じようにバリケードに囲まれた敷地があります。

ちょうど二条公園の北側に位置します。

休日はファミリーでごった返す、この辺りでは人気の公園です。

四方角地という稀有な敷地で元々は旧NHK京都放送会館 (旧NHK京都放送局)でした。インバウンドで過熱した土地価格の時期に大京が取得し、いつの間にか大阪の会社に転売されたようです。(現在の所有者はどこかわかりませんが)。分譲マンション建設ではコストがあわないぐらい土地価格が高かったためホテル計画かと思われましたが、コロナが来てこのままの状況が長らく続いています。

京都初ソーシャルアパートメント「ネイバーズ京都二条城」

二条公園の東隣、河合塾の寮だった建物。

「ネイバーズ」という名前に変わっています。

プレスリリースを見てみると ( 2021年6月10日)

株式会社グローバルエージェンツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山崎 剛、以下=当社) は、49棟目のソーシャルアパートメント「」を 2021年6月26日にオープンいたします。

公式WEBサイト:https://www.social-apartment.com/builds/kyoto/kyoto-shi/view/72

■ソーシャルアパートメントとは
賃貸マンション内にラグジュアリーなラウンジを設置することで住人間の自発的なコミュニティ形成を促進させる仕組みを持った新しい共同住宅です。
従来型のワンルームマンションとは異なり、また昨今同じく注目を集めているシェアハウスとも異なる新しい居住スタイルで、東京都からも助成金対象事業に認定されるなど、昨今の近隣付き合いの希薄化した社会において非常に注目を集めています。
全ての物件内にラウンジやワークスペースがあり、 自宅内に居住スペースと仕事スペースを別空間でしっかりと確保できるため、先月開業したNEIGHBORS鷺沼ではオープンから1週間で満室になるなど、コロナ禍において需要が一層高まっています。

オープン1ヶ月前時点で半数を超える申し込み。うち約30%は関西県外からの移住者
これまでオープン前内覧会を全3回開催し、5月末時点での申し込み居室は全戸数の半分を超える数となっています。
なかでも申込者の33.3%が関西県外から移住予定者で、「コロナ禍でリモートワーク中心の生活になった為、ソーシャルアパートメントができるこのタイミングで憧れていた京都に住みたい」との声を多数頂いています。

現在申し込み中の方々の男女比は4:6、平均年齢30.9歳と他のソーシャルアパートメントの平均年齢より1歳以上高くなっており、居室のプライベート性の高さと併せて、充実した物件設備、入居者間コミュニティに期待する声を多く頂いています。

南側には二条城

二条城北門。

シャングリ・ラ京都二条城の現場が動き始めています。完成は2024年12月予定です。

そして現在、京都エリアで住友不動産といえば

完成が近くづくイーグルコート四条烏丸WEST/ダイマルヤ

四条烏丸の西、四条油小路に建設中です。

そのタテの通り油小路通を南へ下がると

マンション計画があります。

そんなに大きな敷地ではありません。

・下京区石井筒町・土地185坪・10階建・38戸 

2 COMMENTS

けいこ

いつも最新の情報をありがとうございます。とても楽しみに拝見しています。

南側には二条城、ではないでしょうか。

返信する
kyoto1192.com

明けましておめでとうございます!!
本年もkyoto1192.comを宜しくお願いします。

ご指摘ありがとうございます。
方角はよくミスをしてしまいますので、今後とも間違いありましたらお気軽にご指摘下さい。

また面白い情報もありましたら教えて下さいね。
宜しくお願い致します。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください