ソニー不動産が金融機関向けに『中古マンション査定AI』を販売

SHARE

ソニー不動産が金融機関向けに『中古マンション査定AI』を販売

 

 

 

(2018.7.4)

日本経済新聞 夕刊記事より引用

 

中古マンション
査定AIを販売
金融機関向けに
ソニー子会社

 

ソニーの中古マンション仲介子会社、ソニー不動産(東京・中央)は物件の相場をはじく人口知能(AI)の販売を始めた。

 

最新データで資産価値を計算する。

 

同社のAIは週1回程度、情報を更新して相場を算出できる。

 

AIが相場を予測した物件の7割は、実際の成約価格との誤差が10%以下にとどまっており、同様のサービスを持つ米企業と並ぶ精度を達成できたという。

 

不動産会社に加え、銀行など金融機関の需要を見込む。

 

実際の相場をほぼリアルタイムに把握できるAIの使い勝手は高そうだ。

 

ソニー不動産はソニーが進めている新規事業創出の草分けで、現在はソニーのほかヤフーも出資している。

 

神奈川県など1都3県で年約2000件の仲介実績がある。

 

 

ソニー不動産

 

(公式HP)

 

 

マンションAIレポート

 

 

 

おうちダイレクト

 

 

 

 

不動産会社を通さずに自ら売り出す

新しい選択肢です。

 

 

 

 

 

このソニー不動産、

現在のサービスエリアは

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県のみです。

京都エリアに出店の日も来るのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です