ホテル不足!?供給過剰!? 京都駅周辺、今後のホテル供給客室数はいくら? 2019年5月30日『ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIA』グランドオープン!! 

SHARE

ホテル不足!?供給過剰!? 京都駅周辺、今後のホテル供給客室数はいくら? 2019年5月30日『ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIA』グランドオープン!! 

 

 

京都駅南、八条口。

 

 

 

南側に建設中なのは

(仮称)ホテル京阪 京都駅南

 

・事業主/大成建設(株)・スタイルプラン

・運営/(株)ホテル京阪

・9階建

・約200室

・開業日/2020年春

 

 

 

 

 

 

 

 

京都駅八条口

 

 

 

 

 

京都駅の真南には

 

 

 

 

 

 

(仮称)三交イン京都八条口

 

10階建て

136室です。

 

 

 

 

 

 

三交インの東側の空きから

裏に建つ

ヴィアインが見えます。

 

 

 

駅南に建つ

京都アバンティ

 

 

 

 

その西向いには

 

 

 

 

JR西日本ホテルズの新ブランド

ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIA

 

 

 

 

(公式HPより)

 

「ホテルグランヴィア」の品質はそのままに、都会的・現代的な上質感を提供する宿泊主体型ホテルブランドです。

 

ヴィスキオはイタリア語で“宿り木”を意味し、

 

宿り木

 

が完成しています。

 

 

 

 

本日(昨日)は

関係者のみの『内覧会』が

開催されていました。

 

 

 

 

 

全423室。

 

明日から開業かと思っていましたが

 

 

 

 

オープンは今週

5/30(木)

でした。

 

 

 

 

大浴場完備です。(公式HPより)

 

 

 

 

 

 

 

 

南側の植栽。

 

 

 

 

ホテルの西側の敷地の空きから

京都タワーの頭が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

ヴィスキオの西隣には

 

 

 

 

 

JR西日本ホテル開発と

JR西日本デイリーサービスネットによる

 

同じく30日開業の

(4月27日にプレオープンしています)

ヴィアイン京都駅八条口

 

 

 

 

468室。

 

 

 

 

 

 

 

1Fには

セブンイレブン。

 

 

 

 

 

 

 

ヴィアイン468室+ヴィスキオ423室

合計891室

 

京都市のホテル客室数が

さらに増えます。

 

 

 

 

 

 

 

供給過剰か

供給不足か。

 

 

周辺は

ホテルの建設ラッシュが続いています。

 

 

 

 

三越ユニティーの

(仮称)京都ロイヤルツインズホテル

 

219室です。

 

 

 

 

こちらの更地は

JR西日本不動産開発です。

124室。

 

 

 

 

 

 

 

ロイヤルツインズの

外観の一部が見えてきています。

その北は(仮称)ホテル京阪。

 

 

 

 

 

 

ロイヤルツインズ219室+

+ホテル京阪約200室

+JR西日本不動産会開発124室

 

合計543室

 

 

 

 

 

 

さらに

 

八条通には

ダイワロイネットホテル京都テラス八条東口 174室

 

この夏開業。

 

 

 

MIMARU 京都 STATION. 40室

7月18日開業です。

 

 

 

 

 

竹田街道沿いには

ホテルエムズ(仮称)京都駅プロジェクト 153室

 

 

 

 

リーガグラン京都 261室

 

 

 

 

イオン京都側には

 

 

 

 

・ホテルテトラ京都駅前 80室

7月1日開業です。

左側はホテル?賃マンション?

 

 

 

 

プレサンスコーポレーション 120室

 

 

 

イオンモールの真南には

セイケンプラン 61室

 

 

 

 

これだけでも

合計889室

供給過剰か

供給不足か?

 

 

 

 

 

さらに

京都駅北側には

 

 

 

 

 

 

 

 

京阪HDによる

ザ・サウザンドキョウトの北隣に

 

 

・三井ガーデンホテル京都駅前 136室

2019年8月29日開業です。

 

 

 

 

京都駅北東には

・アパホテル〈京都駅東〉 400室

 

 

 

 

 

 

 

 

・(仮称)京都東洞院通七条塩小路町ホテル計画/安朱富㈱ 387室

 

 

 

 

 

 

・(仮称)京都七条ホテル/ウィンチェスター(株)  472室

 

 

 

 

 

京都駅西には

 

 

 

 

 

 

・メルキュール京都ステーション  225室

アコーホテルズ(フランス)、

外資系ホテルブランドです。

 

 

 

 

 

七条通には

 

・(仮称)京都駅前ホテルプロジェクト/新都市企画  141室

 

 

 

 

 

・大成有楽不動産 83室

 

 

 

 

 

京都駅北側で1844室!!

 

駅南2459室+駅北1844室=

総合計4303室!!

 

 

 

ここに

レアル等のゲストハウスや

他細かな物件が入れば

 

 

 

 

 

供給過剰か?

 

 

供給不足か?

 

 

 

 

そして

 

建設ラッシュの足元、

細い路地に

ひっそり佇む赤提灯。

 

 

ますますはんじょう
二升五合

 

ホテルが完成してしまえば

ここが

どんな風景になるのでしょうか。

 

 

 

 

2 Comments

ロッコーマン

前にも言いましたが、建物高さ規制をすると容積率の消化をするため
敷地いっぱいに建てるデブビルになります。
そのため、中規模ホテルしか建てられないので、大手ホテルチェーンは
造る勝負になります。
今後も中規模ホテル乱立傾向は変わらないと思います。
前にも言いましたが、ホテル立地と引き換えに京町屋と街並みを失わない
ためにも。京都駅南に高さ制限緩和(100mほど)区制定すべきです。
まあ伝建地区から離れたところがいいですがね。
京都は広いですが、交通のインフラがいいところはホテル建設が続くでしょう。

返信する
kyoto1192.com

コメント有り難うございます。

京都駅南は
急激な開発のため
古い街並もまだ数多く残っています。

古き家と新しきホテルで
混沌としている感じですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です