世界も視野にゴリップ(京都市下京区)/牛カツ専門店「京都勝牛」を5年後、現在の4倍の国内外300店体制を目指す

SHARE

世界も視野にゴリップ(京都市下京区)/牛カツ専門店「京都勝牛」を5年後、現在の4倍の国内外300店体制を目指す

 

 

産經新聞 5/26(日) 8:07配信

「京都勝牛」5年後に300店体制、
北米初出店も

 

 

外食チェーンを展開するゴリップ(京都市下京区)は、牛カツの外食専門店「京都勝牛の国内外の店舗網を、現在の74店舗から5年後の令和6(2024)年を目標に約4倍の300店体制へ拡大する事業計画を明らかにした。8月は新たにカナダへ初出店して北米進出を果たすなど、同社が京都から提案した新たな和食「牛カツ」を世界に広げる戦略を進める。

 

海外は現在、現地の企業と提携し、韓国で17店、台湾で3店の計20店舗を展開。今後はアジアを中心に、欧米でも出店を広げ、現在の約5倍の100店に店舗網を広げるとした。

 

 

京都から提案した

新たな和食「牛カツ」を世界に

 

 

 

 

京都駅前

 

 

 

 

 

烏丸七条

 

 

 

七条通

を東へ。

 

 

 

 

以前は

立ち呑みだったような。

 

 

 

立ち呑み。

 

 

 

 

牛カツ

 

見えました。

 

 

 

 

流行ってそうな

お店でした。

 

 

 

 

牛カツ専門店
京都
勝牛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七条通は

インバウンド向けのお店の

雰囲気です。

 

 

 

 

SUSHI

 

 

 

 

NIKU

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GOLIP
ゴリップ

 

 

 

五条千本の

スーパーマツモト。

 

 

 

 

 

その北側。

 

 

 

 

 

 

 

こちらが革命ビル!!

京都本社

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。