京都の新景観政策10年 ③京町家 

SHARE

京都の新景観政策10年 ③京町家 

京都新聞記事。

『③京町家

 年800軒減 重い維持負担』 

 

 

・・・大丸松坂屋百貨店が昨年11月
東山区祇園町南側の花見小路に開設した
京町家店舗だ。

以前はお茶屋だった店舗を借り
1億円をかけて耐震補強と改装を行った。

『インターネットでも物が買える時代には消費体験が大切。
和の空間に欧米の高級ブランドが入る環境が
プラスに働く』

 

祇園  花見小路。

 

なかなか
ケバケバしいお店もあります。

 

 

 

良いお値段しますね。。。

 

 

 

それもこれも含めて「京都」です。

 

こちらが
その高級時計店。

 

 

 

 

 

新景観政策で保全対象となった京町家
主に江戸時代から戦後間もない頃にかけて建った
伝統的な木造家屋を示す。

 

近年は商業利用が広がっている。

特にゲストハウスの転用が増え
市内の簡易宿泊所1961軒の
約25%に当たる474軒に上る。

華やかな活用が広がる一方で
京町家の減少には歯止めがかからない。

年間平均8000軒、
1日2軒のペースで取り壊しが進む。

 

 

祇園の町家のまち並みです。

 

 

 

よくぞ、これだけのお店が食べていけてるのが

不思議でなりません。

 

 

石畳の上で撮影をしている人は数多くいれど
お店に入っていく人をつゆ見かけません。

 

 

 

これは京町家なのか
よくわかりませんが

 

 

祇園佐川急便の店舗は
よいです!!

 

 

風情があります。

 

 

 

 

 

どんな業種でも

京町家とコラボしたら

それなりにお洒落に見えてしまいそうです。

 

IT企業事務所と京町家

スタバと京町家 (これあります)

イタリアンと京町家(よくみかけます)

等々

 

なるべく

かけ離れた組み合わせが面白そうです。

 

 

 

花見小路も界わいも
そのうち
ショッピングストリートになるかもしれません。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。