2月の京都のマンション発売戸数・前年対比同月32%増

SHARE

2月の京都のマンション発売戸数・前年対比同月32%増

 

京都新聞記事。

 

近畿は2ヶ月ぶり増
2月マンション発売

 

 

近畿2府4県の2月のマンション発売戸数は、前年同月比30.4%増の1818戸と2ヶ月ぶりに前年水準を上回った。

契約率は9.4ポイント上昇の83.9%で、2014年5月以来の高水準。

地域別の発売戸数は・・・・

京都市は32.0%増の136戸。

 

 

京都エリアの新築分譲マンションは

販売が長引いている物件が多い気がします。

 

理由としては

体力がある大手が多いので

焦らずゆっくり、

安易な大幅な値引きはせず販売している印象があります。

 

 

 

これがリーマンショックの頃なら

すぐ値引き広告を出して完売させていたような気がします。

リーマンの時は倒産したデベも多かったですが

今は倒産する会社はありません。

体力が有り余っているんでしょうね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です