京都市目標!! 外国人の宿泊を2泊→3泊へ!!

SHARE

京都市目標!! 外国人の宿泊を2泊→3泊へ!!

京都新聞記事(2018.5/22)

京都市目標
観光消費20年度1.3兆円に上方修正
外国人宿泊2⇒3泊

周辺部PR、混雑対策も

 

 

外国人の平均宿泊日数は現状の約2泊から3泊に伸ばす。

食事客が大阪へ流出する傾向がみられるため、情報発信の強化などで京都市内に誘導する対策などを示した。

市内周辺部や伝統産業・文化などを含めた幅広い分野に経済効果が及んでいないとみて、目標額を上方修正した。

経済効果が高い飲食や体験観光の充実を通し、1人あたり観光消費額を宿泊客で4000円、日帰り客で600円増やす。

具体策では、左京区大原や右京区高雄といった周辺部のPR強化のほか、混雑対策として市バスの「前乗り後降り」方式の導入拡大、ビッグデータを活用した交通流動調査などを挙げた。

 

 

 

遊んだり食事をしたりするのは

大阪ですね、やっぱり。

 

立ち呑みやお酒が安いですもん、

ハイボール50円なんてお店も見かけました。

 

生ビールも200円台のお店はゴロゴロありますが

京都は390円ぐらいのイメージですね。

 

 

 

 

 

 

 

左京区大原や

 

 

 

右京区高雄が

 

 

今後観光客が増えて行く可能性がありますね。

不動産価格も上昇するかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です