旧武富士の土地の東、 (株)ラ・アトレ のマンション計画地。京都駅東エリアの現在(いま)

京都タワーと王将が最高に美しく映える烏丸七条

七条通を東へ

東へ。

勝牛に行列ができていると街が復活してきているように感じます。

旧武富士の土地の現在(いま)

東洞院通と七条通の角にある元武富士の土地としてあまりにも有名な敷地。新たに387室のホテルが建設中です。

京都駅からすぐ、京都タワーを望むという絶好のロケーションながら20数年超、塩漬けされてきた土地。

残すは七条通と東洞院通に接する北西エリアのパーキング部分だけです。商業施設が建設されるという噂を聞きました。

七条通側にはこの土地のややこしさを現す看板がいまだに設置されています。

「000株式会社」を名乗る売却等の話にご注意ください!!

・・・・・・・

※地面師に気をつけてください。被害にあった方がおられます。

ALA HOTEL KYOTO

・10階建・387 室

営業開始予定日は2022年4月1日になっていますが

入り口はバリケードに覆われたままです。

コロナ禍が終息するのを待っているようにも見えます。

この看板の反対側、七条通を挟んで北側には

新たに新築オフィスが建設されました。

旧武富士の土地に関してはこちらをご参照ください※関連記事

京都新聞記事 2017.11.7

新聞記事に取り上げられていた「共立メンテナンス」が運営する天然温泉 蓮花の湯 御宿 野乃 京都七条

その野乃の東、

株式会社ラ・アトレのマンション計画地

七条通沿い南側にバリケードの敷地。

標識発見!!

(仮称) 京都駅前プロジェクト 建築計画の概要
・京都市下京区七条通間之町東入材木町47,479
・共同住宅
・敷地面積 286.35㎡
・建築面積 229.06㎡
・建延面積(容積率対象外)2280.82㎡(562.57㎡)
・鉄筋コンクリート造
・建物の高さ(塔屋の高さ)30.99m( 33.32m)
・41戸
・建築主/東京都港区海岸1丁目2番18号 株式会社ラ・アトレ
・着工予定年月日令和4年6月10日
・完了予定年月日令和5年 9月 29日

さぁ、どんなマンションになるのでしょうか

株式会社ラ・アトレは、東京都港区に本社を置く不動産会社。公式HPを見ると分譲マンション事業もやっています。

その東にも、怪しげな閉鎖されたパーキングの敷地があります。

パーキングが閉鎖して、またパーキングというパターンもありますが。。

どうなるのでしょう?

河原町七条の角は劇渋な建物です。

コーヒーとレコード。

河原町七条の北にはプレサンス

河原町七条の北には河原町通沿いには

プレサンスコーポレーションの敷地があります。

少し変形地気味の、そんなに大きくない土地です。

河原町七条を南へ下がると

七条通と塩小路通の間には靴屋さんが。

明治39年創業 靴のマウンテン

駅から徒歩7~8分圏内にまだまだ更地があるのが京都駅前。

ポテンシャルの塊。

塩小路通には京都市立芸術大学が建設されています。来年2023年に全面移転します。

若者のストリート/塩小路通になるのかもしれません。

京都駅東には新たな更地がまだ生まれています。

奥にそびえるのは分譲マンション「パデシオン」。新築分譲時より価格が2倍ほどになっているのではないでしょうか。新幹線を利用される方のセカンド的なニーズで売買されているとも聞きます。

まだまま街の変化が予想される京都駅東エリア。

街の変化を追い続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください