府内基準宅地価格・京都市は48.5%の高い上昇!!

SHARE

府内基準宅地価格・京都市は48.5%の高い上昇!!

京都新聞記事。

 

府内基準宅地価格
府内平均1.2%上昇
18年度
京都市48.5%の伸び』

 

 

 

京都市は27日

2018年度から3年間の

固定資産税の算定指標となる

基準宅地価格を発表した。

 

観光客の増加で

ホテル用地の需要が強まった京都市が

48.5%の高い伸びとなった。

 

京都市をはじめ

観光地を抱える宇治市も

22.4%と高い上昇率をしめした。

 

下落したのは

前回の

20市町村から12市町村に減った。

下落幅は京丹波町の15%が最大で

綾部市、和束町、笠置町など

府中部、南部に多い傾向が続いた。

 

 

 

どこもかしこもホテルだね

どこもかしこもホテルだよ

 

 

 

二条駅の北の

 

千本通沿い

賃貸マンションとおぼしき建物が閉鎖され

建築看板があがっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は

賃貸マンション一棟ごと閉鎖して

ホテルに変更というパターンも

よく見かけます。

 

 

整備された二条城。

 

 

 

歩道がかなり広くなって

歩きやすくなりました。

 

 

 

二条城

二条駅

西へ西へ

インバウンドの過熱感が広がっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です