2045年の京都府の人口は?

 

3/31の京都新聞記事

 

45年東京以外は人口減
京都8割、滋賀9割に
15年比推計

 

 

 

 

 

 

東京や沖縄の人口増は30年まで続くが、その後減少に転じ、全ての都道府県で人口が減っていくと試算。

総人口は2000万人減の106,421,000人となり、秋田が4割以上減るなど東京を除く46道府県で15年よりも少なくなる。

 

 

 

 

15年人口を100とした場合の45年人口を示す指数をみると、日本全体では83.7(減少率16.3%)。

・・・・

京都は81.9

滋賀は89.4。

 

45年に65歳以上の割合が高くなるのは、

秋田の50.1%

青森の46.8%

福島の44.2%。

 

低いのは

東京の30.7%

沖縄の31.4%

愛知の33.1%。

 

京都は37.8%

滋賀は34.3%。

 

0〜14歳の割合は全国で減り、

最小は秋田の7.4%

最高の沖縄でも15.3%にとどまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です