広がるシェアサイクルビジネス。京滋に企業進出!!

SHARE

広がるシェアサイクルビジネス。京滋に企業進出!!

 

2018.8.21

京都新聞朝刊 記事より引用

広がるシェアサイクル
京滋に企業進出
IT活用
解錠や決済 手軽

 

 

 

今年6月、シェサイクルサービス「PiPPA(ピッパ)」が京都市内でスタートした。最寄りの貸し出し拠点にある自転車の台数把握や解錠、30分108円の料金決済などがスマートフォン専用アプリでできる。利用後は提携駐輪場であれば、どこで返却しても良いのも特徴だ。

 

シェアサイクルを手掛けるベンチャー企業のオーシャンブルースマート(東京)と駐車場運営の大和ハウスパーキング(東京)が東京に続き、京都で始めた。駐輪場は現在、京阪電気鉄道の駅やホテル、カフェ、京都産業大(北区)、大丸百貨店(下京区)など計30ヶ所に広がっている。

 

以前

2018.5.29掲載

京都新聞朝刊にも

同様の記事が掲載されていました。

 

 

 

 

京都エリアの駐輪場は現在30ヶ所ほど、

年内に駐輪場を50〜100ヶ所に増やす計画との事です。

 

 

 

京阪三条駅の女性専用宿

CAFETEL 京都三条 for Ladies(カフェテル)

 

 

 

 

 

 

 

その隣にあるのが

シェアサイクル

PIPPA(ピッパ)

 

 

(以前撮影2018.6)

 

 

 

 

 

 

 

また

 

日本経済新聞にはこんな記事が

2018.8.24  朝刊より記事引用

 

 

アーキエムズ、事業者向け
自転車シェア 駐輪場を賃貸

 

20年度3万台分目指す

参入相次ぐシェア自転車
とめる場所確保がカギ

 

 

 

アーキエムズが関西で運営する駐輪場は

約10万2100台。

 

 

 

1ヶ所の駐輪場を複数の事業者に提供する

 

 

アーキエムズは10年に京都市内でシェア自転車事業を始めたが、赤字が続き5月末にサービスを終了。

 

「資本力がないとサービスの規模拡大は難しい。ビジネスモデルの転換を図る。」

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。