初の海外進出!!遂に「めん馬鹿一代」がシンガポールに「めん馬鹿 京都ファイヤーラーメン」1号店を11/24開業!!

SHARE

初の海外進出!!遂に「めん馬鹿一代」がシンガポールに「めん馬鹿 京都ファイヤーラーメン」1号店を11/24開業!!

2020/11/18(水)

アジア経済ニュースより記事引用  

《日系進出》京都の火柱ラーメン、海外初出店

外食店運営のジャパンフードエンターテイメント(京都市上京区)は今月24日、火柱ラーメンが特徴の「めん馬鹿 京都ファイヤーラーメン」のシンガポール1号店を開業する。同社が海外に進出するのは初めて。シンガポール出店を足掛かりに、世界展開を目指す。

繁華街オーチャードの商業施設「シネレジャー・オーチャード」の5階に1号店を開業する。店舗面積は1,250平方フィート(約116平方メートル)で、座席数は42席だ。

看板メニューの「しょうゆファイヤーラーメン」は18Sドル(約1,400円)。このほか、とんこつ、野菜だしベースのラーメン、焼き飯、ギョウザなどを提供する。

めん馬鹿のラーメンは、食べる直前に火柱を上げて見せることで有名。シンガポール店でも同様のパフォーマンスを行う。

シンガポールの店舗は、同国側のパートナーが設立したサウス・イースト・アジア・フード・エンターテインメントがフランチャイズで展開する。現時点では2号店の出店予定はない。

ジャパンフードエンターテイメントの宮澤心代表はNNAの取材に対し「めん馬鹿の京都本店の客は、8割が訪日外国人。以前から海外進出に関する引き合いがあったが、世界展開を目指す上で重要な拠点であるシンガポールで、信頼できるパートナーが見つかったことから進出を決めた」と説明した。

ジャパンフードエンターテイメントは2016年設立。京都でラーメン店「めん馬鹿一代」、同「ラーメンファクトリー」、非接触型ベーグル専門店「カモガワベーカリー」を展開している。

現地メディアからも取り上げられています。

≪地元メディアの反応≫

京都のめん馬鹿ラーメン、シンガポールにオープン

最初は今年の4月にオープン予定だったが、新型コロナウイルスパンデミックにより11月に延期された。

ラーメンが燃えているのを見るのは確かに爽快ですが、これは見せるだけのものではなく、料理の風味を高めると言われている。

本店の京都店は現在休業中のようで、何があったのだろう。

本店の京都店は現在休業中のようで、何があったのだろう。

コロナだよ!!

現地メディア記事は日本とシンガポールとのコロナに対する温度差を感じさせますね。

訪日旅行者がいなくとも熱狂の

二条城

その二条城北、

高級ホテルを世界展開する

シャングリ・ラ グループ(香港)」のホテル計画地。

さらに北に、

丸太町通

丸太町大宮あたりです。

二条城人気のおかげで

京都市民にとってはホテル立地と想定していなかった場所に

ホテル開業が続きました。

※写真は2019年4月開業「ホテルリブマックス京都二条城北」

当時の京都は

街が燃えに、燃えていました。

めん馬鹿の前には

いつも訪日旅行者の行列ができていました。

NO RAMEN NO LIFE

ラーメン馬鹿になれ (意訳)

来年営業再開予定と聞きましたが。

お店の向かい、足場が組まれた建物には

宿泊施設の標識が設置されていました。

めん馬鹿を運営しているのは

ジャパンフードエンターテイメント株式会社です。

この会社、

河原町丸太町

びっくりドンキー隣に

KAMOGAWA BAKERY

10月31日に開業させました。

プレスリリース参照

ベーグルを中心としたコロナ禍における新しいスタイルのベーカリー店

「ちょっとやさしくて、ちょっとあたらしいスタート」をコンセプトにコロナ禍における新しいベーカリースタイルを提案します。従来のバイキングスタイルでの商品配列ではなく、ショーケースオーダースタイルで、顧客はタッチパネルでパンをオーダーしセルフレジで支払うことで、パンやトングへの接触機会をなくし、店員との対面接触もできるだけ無くすことで感染リスクを回避します。また、事前にスマホでオーダーし支払いを済ませ、指定時間に商品を引き取り滞在時間を最小限にするプレオーダーピックアップも採用しています。

向かいの新築医療ビル

河原町丸太町、北東角

路面テナント募集中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください