東山区・三十三間堂前のホテル計画地の現状

SHARE

東山区・三十三間堂前のホテル計画地の現状

 

 

東山区七条

 

国宝  三十三間堂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その前に広がる

ホテル計画地。

 

 

 

 

 

 

七条通側、

 

 

 

 

 

以前は

広大な更地でしたが

一部がコインパーキングになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

三井のリパークです。

 

 

 

 

 

奥には

更地が残されています。

 

 

 

 

 

 

三十三間堂と

京都国立博物館が

目の前の立地です。

 

 

 

 

 

パーキングの横は

 

 

 

 

テナント募集です。

 

 

 

 

 

観光客の人通りも

それほど多くないように感じます。

 

時間帯によっては

京都女子大生がたくさん歩いていますが。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。