JR『梅小路京都西』駅西側の中央倉庫の一部解体で200室超のホテルに!運営は(株)共立メンテナンス & ホテルエミオン京都 (仮称)京の食と職の商業拠点& 七条通

SHARE

JR『梅小路京都西』駅西側の中央倉庫の一部解体で200室超のホテルに!運営は(株)共立メンテナンス & ホテルエミオン京都 (仮称)京の食と職の商業拠点& 七条通

 

(2019 年5月 10 日)

中央倉庫より

梅小路地区の資産有効活用に関するお知らせ(№2)

が発表されました。

 

当社が、京都市下京区の京都支店梅小路営業所において進めております、一部倉庫を取 壊し、その跡地を活用し、宿泊施設の建築及び不動産賃貸を行う計画

 

5.建 物 の 概 要: 200 室を超える宿泊施設を想定しております。

 

8.運 営 事 業 者: 株式会社共立メンテナンス

 

 

運営事業者に名前があがっている

 

(株)共立メンテナンス

 

といえば

 

 

右京区・御室、

仁和寺前に広がる

ホテル計画地の建築標識に

名前が掲載されていました。

 

 

 

 

 

※下記記事参照

紅葉前の仁和寺と仁和寺前ホテル

 

 

また

京都駅北東、

長年塩漬けされやっと商品化され話題になった

ホテル計画地でも。

 

 

 

 

※下記記事参照

 

京都駅東エリア・23年度市立芸大移転で変わりゆく崇仁地区

 

 

 

 

では、梅小路へ。

 

 

 

 

この3月に開業した

 

 

 

 

梅小路京都西駅

 

 

 

 

 

 

駅の西側に

共同倉庫の解体現場が見えます。

 

 

 

 

駅の東側には

 

左側のバリケードが

三菱地所「(仮称)ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路」

 

右側のクレーンが

JR西日本不動産開発「Potel(ポテル)」

 

2つのホテル計画地があります。

 

 

 

 

 

劇的な変化を迎えるであろう

新駅界隈。

 

 

 

 

この新駅界隈の

重要な拠点・ランドマークになりそうな

KYOCAビル/京果会館

 

 

宿泊施設ではありません。

そこがまた良いです。

 

 

 

 

 

そして

駅の高架をくぐり抜け

西に。

 

 

 

 

七条通南側に

 

中央倉庫

 

B棟他解体工事

 

 

 

 

 

建物が

足場に覆われています。

 

 

 

 

七条通を挟んで

向かい(南側)は

ホテルエミオン京都
(仮称)京の食と職の商業拠点

 

スターツコーポレーションが

運営を予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

ホテルと商業施設になります。

(スターツコーポレーション㈱プレスリリースより写真引用)

 

 

 

1・2階は商業施設です。

 

 

 

 

市場の活気と下町らしさ

がこの辺りのイメージでしたが

それも変わっていきそうです。

 

 

 

 

 

 

角にある激シブの

鳥屋さん。

 

 

 

 

 

街が面白いとは

こういうお店がある事なのです。

 

 

 

 

 

街が開発されれば、されるほど

こういうお店は

輝きを増してきます。

 

 

 

 

 

 

ここから

南に下がると

 

 

 

 

『売物件』の看板が設置された

建物があります。

 

 

 

 

隣の建物とくっついた

連棟住宅です。

 

 

 

新駅から徒歩5分ほど。

 

資産価値が今後さらに高まるはずですが

(すでに高騰しているんでしょうが。。。)

 

資産価値として

『連棟』って

どうなんでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

鳥屋さんの北側、

 

 

 

 

ととや

 

 

 

 

今日も繁盛しています。

ワンコインで

中トロが買えます。

 

 

 

お造り定食750円(税)

 

 

 

 

その面影を変えつつある

七条通。

 

 

 

 

ととやの西には

 

 

 

東京都渋谷区資本の

 

 

 

 

 

㈱インテリックスの

ゲストハウス計画地。

 

 

 

 

 

七条七本松上るには

 

 

 

 

 

 

 

駐車場と商業施設が

建設されようとしています。

 

 

 

 

建築主は

京都市中央卸売市場協会

となっています。

 

 

 

 

七条通のシャッターに

貼り紙が。

 

 

 

 

昭和から

ガムシャラに働き続けてきた親父達が

年老いて

代替わりの時期にきています。

 

子供達に上手く引き継げる

商店街の商売って

果たしてあるのでしょうか。

 

 

 

 

とある

非常に人気のあった飲食店さんですが

地価高騰のあおりで

早々に売却を決め

小さなテナントに移られたと

聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

 

七条壬生川上がる、

この3月に開業した

ファーストキャビンST. 京都梅小路 RYOKAN

 

 

そのホテル横の

壬生川通沿いの敷地が舗装されています。

 

 

 

 

コインパーキングにでも

なるのでしょうか。

 

 

 

建物も建っていましたが

一つの土地にまとまりました。

 

 

 

 

 

しかし、

 

ホテルなんて

ありえなかった立地ですが

 

 

 

 

新駅のおかげで

 

ホテルがありえる

立地になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です