京都のホテル個性で勝負・嵐電駅横『ファーストキャビン京都嵐山』3/26オープン!!

SHARE

京都のホテル個性で勝負・嵐電駅横『ファーストキャビン京都嵐山』3/26オープン!!

京都新聞記事

個性で勝負 京の宿続々
競争激化で客層絞る

 

 

運営や設備面で個性を打ち出す宿泊施設が京都市内で次々に登場している。ホテルやゲストハウスが急増する中、宿泊需要を取り込むには客層や施設コンセプトを絞り込む必要があるためだ。

 

 

中長期用にキッチン

 

◆連泊仕様

京都市内で簡易宿泊所の開発や運営を手掛けるレアル(下京区)は、京阪清水五条駅(東山区)の北側に新築したホテルタイプの中長期滞在型施設の完成式典を開いた。連泊する観光客を客層に想定し、全客室にキッチンや洗濯機を導入した。

同社が市内で運営するホテルタイプの宿泊施設は7棟目で、大半が今回のような連泊仕様にしている。現在は町家の1棟貸し施設も含め、市内で38棟計約140室を運営。2020年に160棟計800室超に増やす計画という。

 

 

五条通から宮川町通を北へ。

このあたりは

地元の生活感タップリな雰囲気があります。

 

 

 

 

鈴(リン) 清水五条

 

 

 

 

 

 

ここから北にさらに上がれば

観光地的な

宮川町通になります。

 

 

 

これが

私たちがイメージする宮川町通です。

 

 

 

松原通の更地に

建築看板が設置されていました。

 

 

 

建築主は東京の会社ですが

連絡先はレアルになっています。

ホテル名も

(仮称)京都宮川筋ホテル 鈴(リン)

になっています。

 

 

 

川端通に出れば

桜が咲き始めています。

 

京都風情の奥に

ラブホが2軒建っています。

 

 

 

そんな川端側の

ラブホ南は京都全開です。

 

 

 

 

四国の工芸品で彩り

 

 

◆地元文化PR

JR四国は(高松市)は、京都市南区東九条に1棟貸しの簡易宿泊所を4月15日にオープンすると発表した。

施設名は「4S STAY京都九条」。

訪日客が多い京都市で簡易宿泊のビジネスを吸収し、四国での施設展開に生かそうと、京町家をイメージした新築の木造2階建て3棟を取得した。運営は京都の業者へ委託する。

 

 

ギリギリ、

京都タワーが見える河原町九条

 

 

4S STAY京都九条

 

 

4月15日オープンです。

 

 

すぐ近くには

東山橋

 

 

 

 

 

 

美容と健康に力

 

 

◆レディース専用

カプセル型ホテルを全国展開するファーストキャビン(東京都)は京福電気鉄道の嵐山駅(右京区)の併設ビルに26日開業する「ファーストキャビン京都嵐山」を公開した。同社の施設で初めて「女性専用」をうたい、女性の1人旅やグループ旅行の需要を取り込む。

3階建てのビルの2、3階を改装し、計100室をしつらえた。3階の75室は全て女性限定。2階の25室は、予約状況に応じて男性も泊まれる「フレキシブルエリア」とした。

設備やサービスに女性の好みを反映させた。

渡月橋など嵐山一帯を見渡せる屋上テラスを宿泊者に開放する。料金はベッドを上下2段に並べた最安の客室で1泊2500円から。1時間単位の短時間滞在にも対応する。

 

観光シーズンど真ん中の京都嵐山。

 

 

 

 

京福嵐山駅。

 

 

 

 

 

その京福嵐山駅と掲げられた下には

 

 

ファーストキャビン
2018 /3 /26
グランドオープン

 

 

その嵐山駅の隣には

 

 

ファーストキャビン京都嵐山

 

 

 

まさに駅横です。

 

 

 

 

ついでに

駅中も見てみます。

 

 

 

世界中から

ここにめがけて来るんですからね、

人種のるつぼです。

 

 

 

 

駅のホームには

足湯があります。

 

 

 

 

こんな駅ナカ一等地に

タリーズがあります。

 

 

 

 

ホーム横には

インスタ映えを意識したであろう通路が。

 

 

 

 

キモノフォレスト

~600本の京友禅の光林

 

夜は光るんでしょうか???

 

 

 

 

ついでに

嵐山を歩いてみます。

 

 

 

 

 

今流行りの

動物系のお店があります。

「フクロウとヒョウ猫の森」

 

フクロウのセラピー効果はハンパないと聞きますが

嵐山まで来て動物に癒されたいのでしょうか???

 

 

 

 

 

そして渡月橋。

 

 

 

人力車業界も

このインバウンドで儲かっているのでしょうか?

 

昔ほど

暇そうにしている車夫を見かけない気がします。

 

 

 

 

本日も大行列のアラビカの向こう側に

建築中の美術館。

 

 

 

 

 

ぱっと見、何屋さんかわからないため

人だかりが人だかりを呼び

みんな吸い寄せられています。

 

 

そして

目の前は最強の景色です。

 

 

アラビカ前は

みんな自撮りで

一生懸命です。

 

 

 

そして

建築中の美術館と

クロネコ。

 

 

歩くまち  京都。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です