丹波口駅西高さ規制緩和と京都市中央卸売市場とKAGANHOTEL 河岸ホテル

SHARE

丹波口駅西高さ規制緩和と京都市中央卸売市場とKAGANHOTEL 河岸ホテル

 

2019年12月7日

日本経済新聞 朝刊 記事より引用

京都市、高さ規制緩和
周辺部開発 オフィス呼び込む
丹波口駅西 上限31m
京都駅南は容積率緩和

 

 

 

丹波口駅西 上限31m!!

 

 

 

 

 

 

駅西隣接して

京都市中央卸売市場第一市場

 

 

 

 

高さ規制が

緩和された駅西エリア。

 

 

 

 

新たなオフィスビルが建築中の

京都リサーチパーク

 

 

 

先進の

リサーチパ—ク前の

七本松通

南へ下がって行くと

 

 

 

 

 

中央市場と

昭和の匂いが残る

街並が広がってきます。

 

 

 

 

この角にある

スーパーは

 

 

 

 

 

 

令和2年1月28日をもって

閉店です。

 

 

 

市場内

 

 

 

 

 

 

 

市場から

横の道に逸れると

古い建物に

 

 

パラソル

 

 

 

カフェが

現れました。

 

 

 

ご飯も食べれそうです。

 

 

 

隣のスペースでは

BBQが始まっています。

 

 

BBQコート339

 

 

 

 

ビンテージの渋い香りが

わきたっています。

COOL(かっこいい)とは

こういう事です。

 

 

 

アート・イベント会場にも

ぴったりの雰囲気です。

 

 

 

 

 

 

BBQコート裏手のスペース、

遊ぶ子供たちの声、

冬空の下、

鼻を垂れた『昭和』に

連れ戻されました。

 

 

 

 

そのコートの隣、

ダメージ加工を施した建物。

 

 

 

 

 

人生の辛酸(しんさん)を

なめつくした面構え。

摩耗して風化して

今に辿り着きました。

 

 

 

 

みんなのDIYスペース

 

3Dプリンターもあります。

 

 

 

 

 

 

 

あたりは

歓声が消え

試合が終わった球場のように

静まり返っています。

 

 

 

何かを

思い出しそうになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不意に

『白色』が目に飛び込んで来ました。

 

 

 

若手現代アーティストの住む

コミュニティ型アートホテル&アートホステル

 

KAGANHOTEL
河岸ホテル

 

 

 

 

不動産企画会社『めい』

手掛けました。

 

(公式HPより)

 

 

 

 

 

元は

空きビルだった

 

 

 

 

社員寮『朱雀寮』でした。

 

 

 

 

市場南側には

ホテルが建とうとしています。

 

 

 

2020年6月27日開業する

ホテル エミオン 京都

206室です。

 

 

 

1~2階が商業施設、

3~8階がホテル、

2階の連絡通路は

京都市中央卸売市場につながっています。

 

 

 

昭和が終わりました。

 

 

 

築地市場に殺到する

外国人観光客のニュースを以前見ましたが

あんな風になるのでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。