男なら行かなきゃならない時がある。『梅湯』 2回目!!

SHARE

男なら行かなきゃならない時がある。『梅湯』 2回目!!

 

作家/開高健の本に

こんなマキシムがありました。

 

グラスのふちに唇つけたらとことん、一滴残らず飲み干しなさい。

 

黙っててでも二杯飲みたくなるような酒がいい酒。

 

 

そして夜の

京都駅前。

 

 

 

 

 

KYOTO TOWER  SANDO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リド飲食街

越しのタワー。

 

 

 

 

魔王の棲む穴。

 

 

 

 

夜が更けていきます。

 

 

 

 

街を東へ。

 

 

 

砂漠の上に輝くラスベガス。

 

 

 

崇仁新町

 

 

 

街が躍動し始めました。

 

 

そして

静かな闇が広がる

河原町七条

 

 

 

一本東の内に入った通りを

北上します。

 

 

 

外国人のお店があります。

 

 

 

そして

 

 

 

遠くに懐かしいネオンが見えました。

 

 

 

サウナの梅湯

 

 

ゆ。

 

 

 

 

黙っててでも二杯飲みたくなるような酒がいい酒。

 

2回目です。

 

 

 

 

では入場。

 

 

 

 

グラスのふちに唇つけたらとことん、

一滴残らず飲み干しなさい。

 

 

乗りかかった船。

 

 

 

変化はコントロールできない。

できることは、

その先頭にたつことだけである。

ピーター・ドラッカー

 

 

 

 

大将!!!!!!

 

 

いざ出陣!!

 

 

エーお湯でした。

 

 

 

 

 

手ぬぐいGETしました。

 

 

 

 

 

 

 

梅湯の裏には

おでん屋さん。

 

 

梅湯の北には

 

 

 

Gojo Paradiso 五条パラディソ

 

 

 

 

 

 

その北には

 

(仮称)HOTEL  LiVE  MAX 五条河原町

 

 

 

 

 

 

隣には

にこみ屋。

 

 

 

 

 

そして

向かい合わせの宿泊施設建設地。

 

 

 

 

 

 

 

 

コスモスイニシア簡易宿泊所計画地。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です