いよいよ明日8/1(水)ワコールの『京の温所 釜座二条』オープン!!

SHARE

いよいよ明日8/1(水)ワコールの『京の温所 釜座二条』オープン!!

 

二条城

 

ライトアップされた二条城。

 

 

サムライブルー。

 

 

京の七夕がもうすぐです。

 

そして

本日の(2018.7.31)

京都新聞 朝刊 記事には

あすから
二条城ライトアップ
妖怪で夏の夜ひんやり

 

 

 

世界遺産・二条城(京都市中京区)で30日夜、旧暦の七夕に合わせたライトアップイベントが8月1日から始まるのを前に、報道陣向けの内覧会が開かれた。「妖怪」をテーマに、国宝二の丸御殿に映像を投影するプロジェクションマッピングなどがあり、幽玄な夏の夜を演出した。

ユニークな妖怪たちの百鬼夜行をCG映像で表現する。「がしゃどくろ」や「牛鬼」といったおなじみの妖怪約50種類が障子の中から飛び出し、七夕祭りを楽しむ様子を描いている。

市内一円で行われる観光イベント「京の七夕」(1~16日)の一環で、市などが企画した。二の丸庭園(特別名勝)や唐門(重要文化財)、東大手門(同)などを涼しげな青色の照明を中心に約330基で幻想的に彩る。

ライトアップは15日まで。午後7時~9時半。入城料が必要。琴の生演奏や京都の特産品の販売などもある。(森大樹)

 

 

そして

二条城からほど近く

 

時を同じくして

 

ワコールの宿泊施設
『京の温所 釜座二条』

 

いよいよ明日

8/1(水)オープンします。

 

 

京都のワコールです。

 

 

 

釜座通

 

 

 

 

築150年(推定)のちいさな京町家。

 

 

 

 

 

公式HPを見ると

(写真引用)

 

 

良いじゃないですか。

 

 

お風呂も素敵です。

 

 

こじんまりとした庭も

眺めてみたいです。

 

 

 

別に、ここから、

ハワイのようなサンセットが望めるわけでもなく

夜、ギラギラとしたアジアの熱狂と喧噪を

感じれるわけでもありません。

 

 

 

 

ただ静かに

普通な「京都」を感じれる場所なんです。

 

 

 

 

帰路を急ぐ自転車に乗ったサラリーマンが

駆け抜けて行きました。

とにかく静かです。

 

 

 

 

ここから

釜座通を下がって行くと

ここ数年お正月の行列が半端ない

 

御金神社

 

 

 

 

どやさっ!!

 

 

 

 

魑魅魍魎とした

欲望が渦巻いています。

 

 

 

なんだか

世界一のカジノ王に

なれそうな気がしてきます。

 

 

 

その辺りを

夜など少し歩いてみれば

自己主張もギラギラもない

こじんまりとした素敵なお店がポツポツと

見つけれますよ。

 

こちらは立ち呑みです。

 

 

私はビール派ですが

日本酒がけっこう置いてあります、このお店。

 

 

 

 

 

烏丸通まで出ると

今時な

クラフトビールのお店があったりします。

 

西側。

 

 

 

 

東側。

 

 

 

 

 

 

そして原点、

ワコールの『京の温所』

ココカラ始まりました。

 

 

平安神宮

 

 

 

この

鳥居ノムコウ、

 

 

この

疎水ノムコウ、

 

 

京の温所 岡崎

 

 

コチラハ築90年ノ京町家デス。

 

 

 

 

いろんなモノが見えてきた

『夜空ノムコウ』世代には

静かに「自分」と出会える宿なのではないでしょうか。

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。