『子供たちに京町家見学』ゲストハウス運営企業「レアル」の取り組み

SHARE

『子供たちに京町家見学』ゲストハウス運営企業「レアル」の取り組み

 

京都新聞記事(2018.6.13)

京町家 子どもたちに開放
暮らし紹介 学びの場に
下京のゲストハウス運営企業

 

 

 

市内でホテルやゲストハウスを運営する「レアル」が企画した。伝統的な京の暮らしに根ざした京町家が急速に失われていくなか、町家を知らずに育つ子も少なくないことから、同社が市内全域で管理する京町家タイプのゲストハウス約30軒を、子どもたちの学びの場として提供することにした。

・・・

見学は5〜20人程度の小学生がグループが対象。無料だが、宿泊客の利用状況によって見学できる日時は異なる。

 

 

レアル

 

2017年2月の

日本経済新聞にも取り上げられたり

まさに

時流に乗ったビジネスを展開されています。

 

 

町家の宿泊施設に8倍に
レアル、19年まで
訪日外国人向け

 

 

 

 

 

例えば

 

四条西洞院上ルの錦にある

 

トーハンの115室のホテル計画地

 

 

 

 

 

その奥

 

 

 

どんつきに

 

 

 

 

レアルの看板があります。

 

 

 

 

自社ブランド『鈴(リン)』を建築するようです。

 

 

 

 

他にも

祇園・建仁寺入口横、

大和大路通沿いにも

レアルの名前が。

 

 

 

 

 

 

公式HPを見ると

オープン予定が続々とあります。

スクロールすると、どんどん出てきます。

スゴい勢いです、この企業!!

 

 

 

 

 

エアビーの違法民泊の削除があったりで

違法民泊の宿泊客は

正式な宿泊施設に流れるでしょうし

京都の宿泊事業はまだまだ過熱しそうです。

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。