オリックス不動産が東山七条・日本赤十字社 京都府支部をホテルに

京阪七条駅

川端七条、京阪七条駅出口前はマクドナルド。ランドマークはマクドナルド。

庶民的な風情が漂います。

西へ向けば、京都タワーが見え、京都駅はすぐそこです。

七条通は三十三間堂への動線ながら観光地感がありません。

2019年3月にオープンしたステーキ屋さん。当時は地味な七条通がポテンシャルの塊に思え、通りが一気に変わりそうな期待感に満ち溢れていました。

観光客向けのタピオカか、ファンシー的なお店(思い出せないのですが)だったテナントが、美容室になっていました。

三十三間堂

三十三間堂前にバリケード地がありホテル計画だと聞いていましたが

半分はガレージに

バリケードが立ったままです。

じっとその時が来るのを待ち続けているかのようです。

蓮華王院 三十三間堂

大和大路七条

三十三間堂の東に見える建物は

日本赤十字社 京都府支部

赤十字。赤いプラス。

赤十字のロゴの入った車。

朱色が鮮やかな三十三間堂の真東。

コロナ前、このあまりに不自然なバリケードに何かを感じた私は、この建物が何かに生まれ変わるに違いないと確信し、この建物から出てきたスタッフらしき人に声をかけ、何かに建て替わるのか質問しました。不審者のように思われたのか、避けるように「そんな話し知りません」。逃げて行きました。

その不自然なバリケードに、とうとう標識が設置されました。

オリックス不動産

開発構想の概要
・京都市東山区三十三間堂廻り644番7
・土地面積/1,788.84㎡
・新築
・主な用途/ホテル・客室数53室 (予定)
・地上4階地下1階
・建築物の高さ/約 15 m
・建蔽率/約 64%
・容積率約 239%
・建築面積/約 1155㎡
・延べ面積/約 4282㎡
・開発事業者/
東京都港区浜松町2丁目3番1号 日本生命浜松町クレアタワー
 オリックス不動産株式会社
・標識設置年月日2022年2月22日

ホテル以外考えられない立地です。

目の前には京都国立博物館

日本赤十字社の東隣には

ハイアットリージェンシー京都

ウィキペディアによると

1971年に、京都パークホテルとして開業。開業時は2階建ての小規模なホテルだったが、1980年に現在の建物に建て替えられた。しかし、経営不振により2004年12月にモルガン・スタンレーに売却された。2005年1月から7か月をかけて内部が全面的に改装され、2006年3月15日に、ハイアットリージェンシー京都としてリニューアルオープンした。また、2013年にはオリックス不動産へ譲渡されている[1]

元々は京都パークホテルで、オリックス不動産が現在所有という事です。

となると、先ほどの日本赤十字社 京都府支部はハイアットリージェンシーの別館になるのでしょうか?

日本赤十字社 京都府支部

その南隣にあった赤茶けた建物はハイアットリージェンシーの建物と思われます。

余談ですが、近くにある

養源院

血天井。

様々な想像をかき立てます。

三十三間堂の朱色。

南にある南大門も素敵ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください