東山五条、五条通沿い南側に『NTT都市開発』

京阪「清水五条」駅

京阪「清水五条」駅前には

大きな服のお店があった川端五条角。

大きいサイズの服メンズ専門店 GRAND-BACKグランバック

※過去記事参照ください

創業はなんと江戸時代、元禄2年(1689年)創業 『半兵衛麩』のカフェになりました。

『 Café ふふふあん by半兵衛麸 』2022年4月開業です。

その五条通沿いは

このコロナ前のインバウンドでホテルストリートとなりました。

コロナ禍で次々閉店するダイコクドラッグですが、ここの京阪清水駅前の店舗は健在です。

清水寺への動線、訪日旅行者がまた戻ってくれば、人気の店舗になりそうです。

タカラレーベンの現場

五条通を清水寺方面東へ向かうと、バリケード。

『ホテル秀峰閣』とGoogleマップではでてきます。

五条通の北側、セブンイレブンの隣です。

地図で見るとこちら。

注文者は『タカラレーベン』。タカラレーベンならマンションもホテルもどちらの可能性もあります。

阪急長岡天神駅前では現在、新築分譲マンションを販売中です。

『レーベン長岡天神プロジェクト』

 ↓↓↓レーベン長岡天神プロジェクトへの資料請求はこちらから↓↓↓

さらに東へ向かいます。

東京の『第一リアルター』によるホテル計画地が現れます。

(仮称)京都五条ホテル新築工事、7階建てです。

ホテル計画地の奥には町屋の長屋が立ち並んでいます。

NOHGA HOTEL清水京都

関西初出店となった野村不動産グループ直営ホテル「NOHGA HOTEL」シリーズ 。※参照プレスリリース

アンドットキョウトの隣。

緑が置かれています。1階にはベーカリーカフェがあります。

NOHGA HOTEL清水京都。2022年4月1日開業でした。

そして、五条通を挟んで南側にバリケードが見えます。

NTT都市開発の敷地

五条通の南側、ちょうど歩道橋のところ。

歩道橋を渡り切ると

いろんな建物・敷地を飲み込んでいるように見えるバリケード。

こちらの建物も飲み込まれていると思われます。

警備員の横に看板が見えました。

「NTT都市開発」の名前が見えました。

清水寺への動線。

五条通の南側。果たしてホテル計画でしょうか?

変貌する五条通でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください