京都で撮影の映画が公開ラッシュ!! 太秦と『町田康』とエスリード太秦

SHARE

京都で撮影の映画が公開ラッシュ!! 太秦と『町田康』とエスリード太秦

 

 

京都新聞記事(2018.6.18)

 

京で撮影 映画続々
今夏までに4本封切り
時代劇復権へ、太秦の技

「焼肉ドラゴン」「パンク侍」「蚤とり侍」

 

 

 

 

京都で撮影された

映画『パンク侍、斬られて候』

原作者は

パンクミュージシャンで小説家で

大阪府堺市出身の

 

町田康

 

 

 

 

ウィキによると

 

中学時代より友人の影響でロックミュージックに興味を持ち始める。大阪府立今宮高等学校在学中の1977年、セックス・ピストルズに触発され、「腐れおめこ」を結成、・・・・

1981年に『メシ喰うな!』でメジャーデビュー。

 

2010年に13年ぶりのフルレングス・アルバム『犬とチャーハンのすきま』を発表した。

 

並のアーティストでは

出てこない言葉が並んでいます。

 

 

犬とチャーハンのすきま

 

その『すきま』に何があるの?

と聞きたくなるような

「冷静と情熱のあいだ」に通じるタイトルですね。

 

ジャケットもふざけてます。

 

 

 

 

 

太秦の

京都撮影所

 

 

 

新人オーディションと俳優養成所。

 

 

 

 

撮影所の近くの喫茶店には

映画のポスターが貼ってあったりします。

 

 

 

 

東映太秦映画村

 

 

 

 

 

 

修学旅行なのでしょう、

中学校の観光バスでした。

 

 

 

 

 

 

その向いには

日本エスリード

 

 

 

 

 

 

(仮称)エスリード太秦一ノ井町計画

・5階建て

・44戸

・着工予定H30年8月20日

・完了予定H31年8月31日

 

 

 

 

この建て延べなら

分譲マンションでしょう。

 

 

 

 

現地の北側には

たこ焼き粉魂

 

インバウンドの恩恵はあるんでしょうか?

欧米系はタコ食べないですね、そういえば。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。