「京都経済センター」の商業施設名称が「SUINA(すいな)室町」に決定

SHARE

「京都経済センター」の商業施設名称が「SUINA(すいな)室町」に決定

 

四条烏丸の

すぐ西に建築中の

京都経済センター

 

 

 

 

商業施設名称が発表されました。

 

 

 

 

 

 

野村不動産ホールディングス(株)の

プレスリリースによると

(2018年11月5日 17時49分)

 

「京都経済センター」の商業施設名称が
「SUINA(すいな)室町」に決定

 

(ロゴマークです)

 

 

ネーミングの由来は、京ことば「粋な(=すいな)」
誰もが惹きつけられる魅力ある「粋な」場所になってほしいという意味が込められています。
さらに、特別でお気に入りの「好(す)い」ている場所となり、みんなから「好(す)い」てもらえて、心奪われる「酔(すい)」な場所であってほしいという願いも込めています。

 

 

 

 

一番気になるのは

入店する店舗ですが

 

 

 

地下1階

 

フードホール「SUINA室町 FOOD HALL」になります。

 

(イメージパース)

 

 

 

 

主な出店テナント一覧(敬称略)

 

・スター㈱(アメリカンステーキダイナー)
・㈱清修庵(そば居酒屋)
・㈱青冥(中国料理)
・JACKRABBIT SLIMS合同会社(メキシカンバル)
・㈱アルバータ ダイニング(イタリアンバール)
・㈱フジオフードシステム(和食) 

 

 

 

 

 

 

 

そして

1F

 

 

 

には

大垣書店。

 

(イメージパース)

 

 

 

 

 

本日の

(2018年11月6日)

京都新聞 朝刊記事によると

 

1階は地元資本中心の店舗構成で、他にリーフ・パブリケーションズによる餃子店やすし店、モリタ屋のスーパー、魁力屋のとんかつ店、土井志ば漬本舗による飲食店など10店が入る。

 

 

 

 

 

2階 【物販】

 

 

テナントは

後日公表予定!!

 

 

(イメージパース)

 

 

 

「アップル京都」の出店で

四条烏丸に

クリエイティブな新たな活気が生まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

四条烏丸が熱いです。

 

 

 

 

 

来年2019年3月のグランドオープンに向け

工事が急ピッチで進んでいます。

 

南西側です。

 

 

 

 

 

室町通側です。

 

 

 

 

 

 

南側です。

 

 

 

3階

には

起業支援する

「オープンイノベーションカフェ」

設けられます。

 

日本経済新聞 朝刊 記事(2018年11月6日)より引用

目玉の一つは3階のオープンイノベーションカフェだ。150㎡ほどの広さに自由に利用できるWi-Fiや飲み物を用意し、起業を目指す若者が先輩経営者らと情報交換する場にする。利用時間は午前7時から午後9時まで。

 

 

 

 

 

 

 

四条烏丸が

京都経済の中心、

文化の拠点になります。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です