堀川団地・大垣書店の「堀川アート&クラフトセンター(仮称)」

SHARE

堀川団地・大垣書店の「堀川アート&クラフトセンター(仮称)」

 

京都府住宅供給公社HPより

今回募集する出水第3棟のすぐ北では、アートやクラフトによる情報発信や交流の拠点となる「堀川アート&クラフトセンター(仮称)」の整備運営事業者として (株)大垣書店 が選定され、2019年の施設オープンを目指して準備が進められているところです。
この施設では、書店やカフェなどの商業施設の他、アートやクラフト、伝統産業などに従事する人やそれらの分野に関心を持つ人を対象とした様々な取組みが予定されており、堀川団地へ新しい人の流れができることが期待されています。

 

その後、

どうなったかというと

 

 

 

バリケードに覆われたままです。

 

 

 

何故、

歩道にこんなに自転車が路駐されているかというと

 

この土日は

ほり川まつり

でした。

 

 

 

この商店街の手前、北側にある

相撲鍋

 

観光バスが横付けされて

訪日外国人が店から溢れている光景をよく目にします。

それ狙って作られたお店なら

お見事、繁盛してそうです。

 

 

 

 

ほり川まつりも

どんどん人が増えている感じがします。

 

 

 

 

人気店「鳥岩」さんの前も

この人混みです。

 

 

 

商店街が

息を吹き返した錯覚に陥ります。

 

 

 

 

立ち呑みも人気なお店です。

 

 

 

 

そして

ニュー スタンダード チョコレート kyoto  by  久遠

 

 

生まれて初めて

初めてチョコバナナを買いました。

 

 

 

凍ったバナナにチョコが非常に美味でしたが

 

チョコバナナって

バナナ凍ってるものなのでしょうか。

 

 

 

ますます盛り上がり

屋台の食べ物がどんどん無くなっています。

夜までもちそうにありません。

 

 

 

 

アートスペース的なお店もありました。

 

 

 

 

 

 

 

閉店するお店が次々と現れる中、

こんなスペースが

堀川商店街に新たに生まれています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です