MENU

『ホテルニューアワジ』が新たに京都で2施設計画

兵庫県民には有名な「ホテルニューアワジ」が京都進出です。

神戸新聞NEXT 2022.07.11

ホテルニューアワジが新たに4宿泊施設開業へ 京都、彦根、洲本の施設を再生

ホテルニューアワジ(洲本市)の木下学社長は11日、京都市と滋賀県彦根市、洲本市で新たに計4件の宿泊施設の開設計画を明らかにした。いずれも既存の施設を再生し、2024年ごろまでの開業を目指す。

 京都市では2カ所を計画する。東山区の八坂神社近くで買収した料理旅館を改修し、全室露天風呂付き13室の旅館にする。現在工事中で年内開業を目指す。右京区の宇多野地区では、戦前に電力会社重役の邸宅だった「旧鳴滝寮」を取得し、高級宿泊施設に再生する。京都市に申請手続き中で、年明けの着工、24年春開業を予定している。

 彦根市では昨年閉館した旧彦根ビューホテルを改修し、温泉やグランピング施設を導入。琵琶湖の景観を生かしたホテルとする。洲本温泉街の一角では、民間会社の保養所跡などを再整備する。一部新築し、二十数室の「島内で最も高級な路線」の宿にする。

 ニューアワジグループは淡路島のほか、神戸、岡山、香川などでホテルを展開。京都は2、3件目、滋賀は初となる。木下社長は「コロナ禍から反転攻勢に出て、それぞれの地域に貢献したい」と話した。

 木下社長はこのほか、洲本温泉で昨年始めたクルーザー宿泊サービスの2艇目導入や、「空飛ぶ車」の実用化に備えたヘリコプター発着施設の整備構想も明らかにした。(内田世紀)

京都市で計画している2箇所とは・・・

右京区の宇多野地

場所はこちらです。住所は

右京区宇多野御屋敷町

大きな邸宅が立ち並ぶその名もズバリ『宇多野御屋敷町』バス停。

162号線から西へ入ります。

門の傍に標識が設置されています。

『旧鳴滝寮』

・用途/旅館

・2階建

住戸の数は「ー」となっているので、1棟貸でしょうか。

続いて

東山区

場所はこちらです。住所は

京都府京都市東山区鷲尾町

祇園祭の八坂神社

「疫病退散」を願うお祭りがコロナで中止となっていました。

南門。

東へ進みます。

仏像が現れ

藁葺き屋根の建物が現れ

THE 京都な世界に没入していきます。

建設現場が現れます。

風情ある門構え。

「京八坂」計画

『ホテルニューアワジ』の名前が見えました。

隣には老舗料亭『菊乃井』が運営する和菓子とスイーツの垣根を取り払った甘味処

無碍山房 サロン・ド・ムゲ (むげさんぼう Salon de Muge)

お昼の「時雨弁当」は¥5,001(税込)

さらに奥には、これが【ミシュラン12年連続三つ星】

「菊乃井」

この奥に行ってみたいですね。

周辺は八坂の塔、高台寺へつながる道。

京都らしさ全開の立地です。

この印象的な青銅の屋根を持つ、モダンな雰囲気の仏教寺院は

『大雲院』です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください