フラッグシップホテル『ダイワロイヤルホテルグランデ 京都』いよいよ来月6/9(土)グランドオープン!! & 京都駅周辺 ホテル乱立!! 

SHARE

フラッグシップホテル『ダイワロイヤルホテルグランデ 京都』いよいよ来月6/9(土)グランドオープン!! & 京都駅周辺 ホテル乱立!! 

 

京都新聞記事(2018.5.25)

三重交通
京都駅八条口にホテル
来秋開業、宿泊特化135室

 

 

三重交通グループは24日、京都市南区のJR京都駅八条口前にホテルを来年秋に開業させると発表した。全136室の宿泊特化型で、ビジネスや観光客の需要を取り込む。

「三交イン京都八条口(仮称)」で鉄骨造り10階建て延べ3426平方メートル。シングルルーム68室、ツイン43室などを整備。大浴場では温泉成分入りの湯に入れるようにし、ロビーには宿泊者が一時的に荷物を置ける大型クロークを設置する。

三重県内でバス事業を展開する三重交通グループホールディングス(津市)の宿泊施設運営子会社、三交イン(名古屋市)の14カ所目のホテルとなる。

三交インは「これまで東京~大阪のゴールデンルート沿いに進出しており、京都もチャンスがあればと考えていた。ビジネス客や観光客をバランス良く取り込みたい」としている。

 

京都駅南側

 

ワコール

 

 

イオンモールKYOTO

 

 

 

変わりゆく駅南の風景です。

 

 

 

 

 

カラオケJB横のパチンコ店が無くなり

更地になっています。

 

 

 

 

 

建築主は大成建設です。

・9階建

・200室

 

 

 

こちらのホテルは

(仮称)ホテル京阪 京都駅南

 

 

運営は「ホテル京阪」で

2020年の春開業予定との事です。

(建設ニュース参照)

 

 

 

この開発ラッシュの中

カラオケJBが生き残っているのがスゴイですね。

実はこのインバウンドで

人気店になっているかもしれません。

(駅南は娯楽施設が他にありませんので)

 

 

 

カラオケJBの南側は

 

 

 

ホテルの建築ラッシュです。

 

 

 

(仮称)京都駅八条口ホテル計画(西敷地)

・建築主/松原興産

・10階建

・468室

 

 

 

 

そして

京都駅の八条口側の南。

 

 

 

こちらが三重交通のグループのホテル

三交イン京都八条口(仮称)

 

 

 

 

 

・10階建

・建築主/三交不動産
・設計・施行/大和ハウス工業

 

 

 

西隣はドラッグストアです。

 

 

 

 

道を渡れば京都駅。

 

 

 

 

(仮称)京都駅八条口ホテル計画(東敷地)

 

 

 

 

その南、

 

先月、

2018年4月24日(火)オープンした

ザ ガーネット ホテル 京都ステーション

 

アーキエムズ×ホテルエムズ(建築)×ガーネット(運営)

 

 

 

 

 

近くには

(仮称)JAグループ京都新ビル建設工事。

 

 

 

こちらのビルの3〜7階に

ロイヤルホテルが開業します。

267室です。

 

 

 

他にもまだまだありますが割愛します。

 

 

次は

八条通

 

 

 

 

(仮称)ダイワロイヤル京都八条東口

 

 

・9階建

・179室

 

 

 

西から

H.I.S ホテルホールディングス

コスモスイニシア

大和ハウス工業

のホテル計画地が並んでいます。

 

 

 

お気づきでしょうか?

みなさん。

 

 

 

ある会社のロゴマークが

やたら目に飛び込んできます。

 

 

設計・施行まで幅広く。

 

 

 

 

大和ハウスグループ

 

全てからんでるんです。

 

(スイマセン、

ロゴ切れてる写真しかありませんでした)

 

 

 

そして

とどめは

その東に建つフラッグシップホテル。

 

 

 

DAIWA ROYAL HOTEL GRANDE KYOTO
ダイワロイヤルホテルグランデ 京都

 

 

 

 

いよいよ

2018年6月9日(土)

グランドオープン!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八条通も

昔のままではいられないようです。

 

 

 

 

 

そして

同日の京都新聞記事(2018.5.25)

 

和素材、内装に活路
訪日客増、ホテルなどで人気

 

 

絹や竹、和紙、瓦といった日本の伝統的な素材が、内装材として再評価されている。・・・・
京都の製造業者が、新製品の販売やオーダーメード品の受注で商機をつかんでいる。

3月に改装された京都センチュリーホテル(京都市下京区)の大宴会場は、天井の照明を銀糸の刺繍を施した絹のパネルが覆い、柔らかい色合いの光と優雅な雰囲気をつくり出している。

 

伝統的な素材が見直され

新たなビジネスチャンスが生まれている京都。

 

その、駅北。

 

 

 

京都センチュリーホテル

 

 

 

 

 

隣の

THE THOUSAND KYOTO(ザ・サウザンド キョウト)

 

 

1000年の都です。

 

 

 

 

 

1000年のホテルの裏には

 

 

 

開発に

取り残されたような寺院が。

 

 

 

 

その横を通り抜けると

京都ラーメンの王道の2店舗があります。

両雄並び立つ!!

 

京都に来られた際は

『はしごラーメン』をぜひ!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です