堀川三条下る『阪急阪神不動産』の総47戸の新築分譲マンション計画。堀川沿いはホテル激戦区からマンション激戦区へ。

三条会商店街

京都の商店街の中でも元気な商店街

365日晴れの街『三条会商店街』。堀川通側の入り口です。

昔からあるお店と新規出店のお店が絶妙なバランスで混じり合った、ちょうど良い商店街です。

堀川通の東側にはホテル計画が頓挫した更地。レッドプラネットジャパンのホテル計画でした。

こんなニュースも。

レッド・プラネット、51億円で取得したタイ事業をわずか1億円で手放すことに

更地の向こうには建設中のマンション

ジオ京都姉小路/阪急阪神不動産』

35戸。

↓↓↓『ジオ京都姉小路/阪急阪神不動産』への資料請求はこちらから↓↓↓

三条会商店街の南、

ザ・セレクトンホテルの南に建設現場が。

『阪急阪神不動産』の名前が見受けられた現場です。

建設標識が設置されました。

(仮称) 京都市中京区下八文字町計画 建築計画の概要

・京都市中京区岩上通下八文字町 700番 702番
・共同住宅
・敷地面積433.09㎡
・建築面積378.00㎡
・延べ面積 (容積率対象外)3,510.00㎡(630.00㎡)
・建築物の高さ (塔屋を含む高さ)30.99m(31.61m)
・鉄筋コンクリート造
・地上11階 地下0階
・47戸
・建築主/阪急阪神不動産株式会社 住宅事業本部長 福井康樹
・着工予定年月日/令和4年 12月 16日
・完了予定年月日/令和6年 4月 27 日

『メルディアDC』の名前を建設現場でよく見かけるようになりまし。

京染会館解体工事です。

西側も道路に接面しています。

三条会商店街まで約100m。

堀川通を挟んで東側には

『東横INN』が完成しつつあります。

堀川通にホテルなんて考えられなかった、インバウンド前。

コロナ前にはホテルの建設ラッシュがありました。

ビジネスホテルの東横INNが堀川通になぜ?  と、堀川通はホテル立地に向かないイメージがありました。

西側には

『ザ・パークハウス堀川六角/三菱地所レジデンシャル』

堀川通でセカンドニーズ、すごい時代がきたものです。

三菱地所(東京)グループは、22年度に市内で2棟の販売を計画。11月に完成予定の中京区の物件では、セカンドハウス(別荘)が4割近くを占める。同社によると、購入者は首都圏の会社経営者や役員らが目立ち、ローンを組まずに一括購入するケースが多いという。

2022.7.2 京都新聞より

2022.7.2 京都新聞よ

こちらも東西両面道路です。

↓↓↓『ザ・パークハウス堀川六角/三菱地所レジデンシャル』への資料請求はこちらから↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください