(速報)寺町通に今井建設の『管理地』、京都市役所そばで発見!!

寺町通

三条通と御池通との間の寺町通は観光地的な感じが薄まり地元色を感じます。

昭和ライクな喫茶店

ご年配から若いカップルまでどんどん入って行きます。カフェの対極のオールドな喫茶店ですが、最近はこういったお店も人気ありますね。ホットケーキが美味しそうです。

最近新築されたお店です。

移転してきた本能寺。

「本に埋もれて死にたい」・・そんな声が聞こえそうな書店。

すぐそこは御池通です。

寺町御池 御池通側の入口です。

アーケードの上に見えるマンションは『ローレルコート寺町御池/近鉄不動産』です。

2005年12月分譲時、坪単価207.7万円でした。・完成2007年・平均面積53.66・平均価格3372万円

寺町通アーケード内に入口があります。

地下鉄「市役所前」駅歩1分で、アーケード内、人気あるマンションだと思われます。

御池通沿い、その西側に建つ『プラウド京都麩屋町御池/野村不動産

2014年12月分譲時、平均坪単価@359.4万円でした。・完成2016年3月・平均面積81.89㎡・平均価格8903万円

坪350万円を越えても売れてしまう『京都マンションバブル』はこの野村不動産『プラウド京都麩屋町御池』から始まりました。

この「プラウド京都麩屋町御池]」の裏手(南側)にはスティーブジョブズが愛した京都の宿「俵屋旅館」。その向かいにはこれまた趣のある『柊家旅館』。そんな立地です。

その向いの『グランドメゾン京都御池通/積水ハウス』がプラウドに続けて販売されました。2015年5月分譲時、平均坪単価@344.4万円。・完成2016年5月・平均面積73.64㎡・平均価格7673万円。

プラウドより少し安かったのですね。

河原町御池の角には京都中央信用金ビル、クエスチョン。

京都ホテルオークラが名称変更となります。


株式会社京都ホテル(本社:京都市中京区、東証2部上場、代表取締役社長 福永法弘)が経営する「京都ホテルオークラ」は、2022年1月より「ホテルオークラ京都」にホテルの名称を変更する予定です。また、ホテル名称を冠した施設などは、合わせて名称を変更する予定です。​ホテル名称の変更は、同時期に予定している「ホテルオークラ京都 岡崎別邸」の開業に伴い実施いたします。

PRタイムズhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001495.000005118.html

工事中の京都市役所。

久しぶりに外観が見えた気がします。

寺町通 御池を北上します。

右手には新たに建てられた市役所新棟です。

学生時代はこのビルだったか、レコードを探しによく来ていたような。。こういう古ビルが残っているとうれしいですね。

押小路通を越え

大好きだった花屋さん「プーゼ 寺町二条店」はもうありません。

2019年8月末日をもちまして、プーゼは小売販売店(寺町二条店・藤井大丸店・オンラインストア)の営業を終了いたします

公式HP https://www.pousse-kyoto.com/2019/07/14/1991-2019thankyou/

小売店をやめ、アトリエプーゼとして作品制作・教室等を主催されているようです。

見上げれば7月末で終わった祇園祭の提灯が。

今井建設の管理地

バリケードが現れました。

新築分譲マンション計画地でしょうか?少し小さいかもしれません。

現在、今井建設の販売中の新築分譲マンション

パラドール京都下鴨 & パラドール烏丸御所南

パラドールでしょうか。

この近くで最近分譲されたマンションは『ロジュマン京都橘柳町/MID都市開発

2015年12月分譲時、平均坪単価@325.9万円でした・総18戸・完成2016年4月・平均面積66.27㎡・平均価格6533万円

戸数は18戸と少なかったのですが完売に少し時間がかかった印象です。

周辺の新築分譲マンション計画は

柳馬場通には坪単価@400万円の世界が広がっています。(2021.6.11撮影) 


パークホームズ御所南 松風邸/三井不動産レジデンシャル

シャリエ御所南柳馬場二条/東レ建設』14邸

東、河原町通を渡ると『シエリア京都鴨川二条ザ・テラス/関電不動産開発』 25邸

こちらはさすがに坪単価@400万円はいかないですよね?鴨川に近いのでこちらの方が価値ありそうですが。

鴨川かぶりつきではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください