京都市所有の東九条土地 事業者公募へ

SHARE

京都市所有の東九条土地 事業者公募へ

2020年10月31日 京都新聞 朝刊 記事より引用

東九条土地
事業者公募へ
文化・芸術施設活用計画 京都市2ヶ所
コロナ影響
選定委、条件配慮の意見

京都市は、南区東九条地区に文化・芸術施設を誘致しようと、空き地となっている市有地2ヶ所の貸し付けを希望する事業者を近く公募する。

面積は計20000㎡で、地区全体の10分の1を占める。

市はこの土地にまちづくりの核となる文化・芸術施設を呼び込み、地区内で急速に進む高齢化や人口減少に歯止めをかけたい考えだ。

劇場や美術館、展示場といった文化・芸術施設としての活用を想定する。

事業者公募に先立ち、市は8月、一定の条件を満たした文化・芸術施設に限り、容積率を従来の2倍の400%に緩和した。

募集要項は11月にも公表される。

京都駅

インバウンドを狙ったツルハドラッグは閉店し

馬淵教室になりました。

崇仁新町が無くなった

高倉塩小路

ラーメン店は相変わらずの人気です。

目の前には

広大な敷地が生まれました。

塩小路通を東へ

街のランドマークのような建物。

その南では

崇仁小学校』解体撤去工事が行われています。

跡地は、

京都市立芸術大学京都市立銅駝美術工芸高等学校』の移転整備事業の一部として活用するとの事です。

高架の向こうを下がって行くと今回の公募地です。

京都駅南

ホテルストリートな

八条通

東へ

アイリッシュパブの向こう

河原町八条交差点南に見える

青いシートに覆われた建設中の建物は

ホテルです。

そこから河原町八条を一歩東南へ入ると

今回公募された敷地があります。

南側の敷地。 約5000㎡。

北側の敷地。 約1500㎡。

周辺には至る所に空き地/敷地があります。

その南には

高瀬マーケット』の文字が残る建物の前にも

広大な敷地が広がっています。

鴨川沿いの倉庫街

2019年6月22日に開館した劇場

Theatre E9 Kyoto – アーツシード京都

アートは世界を変えます。

京都新聞に掲載された

THEATRE E9 KYOTO芸術監督

あごうさとし

雨に煙る

パッチギにも登場した東山橋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください