京都「宿泊施設バブル」地上げ横行 観光公害、家賃倍増も

SHARE

京都「宿泊施設バブル」地上げ横行 観光公害、家賃倍増も

 

京都新聞記事(2108.6.8)

『観光公害』住民懸念
違法民泊現場ルポ
深夜に自宅浸入 客引きも

 

 

 

地上げ横行 追い出しも
宿泊施設数 わずか1年で1.6倍

 

 

 

市街地の地価はつり上がり、不動産業者による「地上げ」もあちこちで発生している。

 

不動産業者から頻繁に家の売却を求めるチラシが入るようになった。空き家と間違われたケースもあり

 

4万円の家賃が8万円になってはとても生活できず、転居を余儀なくされた。

 

宿泊施設に転用するための追い出しだった

 

経済への恩恵の一方、市民生活の安定や活力を奪う現実を見た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。