伏見区パチンコ店跡地に『日本エスコン』による新たな新築分譲マンション計画地が!

2021 年 4 月 23 日 株式会社日本エスコン プレスリリース

新規事業用地の取得に関するお知らせ

当社は、下記の通り新規事業用地の取得を行いましたのでお知らせいたします。
当該新規事業用地は、京阪本線「伏見桃山」駅、近鉄京都線「丹波橋」駅の 2 駅が利用でき、近鉄京
都線急行で京都駅まで 3 駅、淀屋橋や京橋までもダイレクトアクセスが可能など、京都府内だけでなく
大阪方面への交通利便にも優れた立地です。
当該新規事業用地周辺は、城下町の面影がある歴史景観が守られる「岸辺型美観地区」に指定されて
おります。江戸時代には水運の要所として栄え、良質な水に恵まれたことから“酒造りの町”として知
られており、酒蔵の伝統景観がすぐそばにあるなど、歴史を感じさせる街並みが広がっております。ま
た、当該新規事業用地と「伏見桃山」駅の間には、1 番街から 4 番街まで続く伏見大手筋商店街があり、
食品や日用品のほか衣料、家電、クリニック等のお店が揃う生活利便性に優れた環境が形成されており
ます。
この立地特性を活かした分譲事業に取り組んでまいります。

【新規取得事業用地の概要】
(仮称) 伏見区肥後町プロジェクト
所 在 地 京都市伏見区肥後町 380 番、380 番 5
敷地面積 2,252.65 ㎡

日本エスコン/(仮称) 伏見区肥後町プロジェクト
土地681坪
伏見区肥後町380 番、380 番 5

住所をググり辿り着くとそこにはパチンコ店がありました。

パチンコ&スロットCODE伏見店

コード伏見店閉店のお知らせが貼られています。4/18に閉店していました。

外壁にはCODEではなく『CUBE』の文字の跡があります。元々店名はCUBEだったのでしょうか。パチンコ店も厳しい時代なのでしょう。閉店が目立ちますね。

新築分譲マンション計画地ならば、最寄り駅をスマホで検索しました

京阪「伏見桃山』駅徒歩12分。約950m。

《スマホ画面》

京阪「丹波橋』駅徒歩14分。約1000m。

《スマホ画面》

『丹波橋駅』『伏見桃山駅』から駅歩5分圏内の新築分譲マンションは即完売もしくは早い売行きの印象ですが、10分を越えるとなると売行きは遅くなりそうかもしれません。価格帯が気になりますね。

近くには濠川が流れています。

ここ日本エスコンの現場から南、「中書島」駅寄りには

2017年3月完成・総58戸・京阪「中書島」駅歩7分

ライオンズ伏見寺田屋西グランフォートは高い高いと言われながら完成後、完売していました。

(現地撮影2018.7)

近くには寺田屋がありマンション名にもついています。

価格帯は4000万円〜8000万円越えだったように思います。

京阪中書島駅

駅には伏見らしく坂本龍馬清酒が置かれています。

駅前は枯れた感じの味わい深い通りになっています。

この中書島駅より西、このあたりになると緑と散歩道が美しい濠川を越えて

日本エスコンがここ最近で分譲したレ・ジェイド伏見中書島あります。

2017年11月完成・83戸・京阪「中書島」駅歩7分

新築販売時62㎡が2900万円台でした。参照:https://kyoto1192.com/lejede-tyusyojima/

さすがに西へ行くと工業地域の印象が色濃くなり価格帯も安くなります。

大手筋商店街(西側入口)

大手筋商店街の西の大手筋通、京都信用金庫隣に解体現場がありました。

伏見酒造組合解体工事とあります。

酒どころの信金と酒造組合、酒蔵風に新築で「一体感」 京都・伏見

2021年3月24日 19:11 参照:京都新聞

京都信用金庫と伏見酒造組合は24日、京都市伏見区で隣り合う支店と組合事務所の土地を等価交換し、それぞれ建物を取り壊して新たな店舗と事務所を建設すると発表した。地域住民が集うスペースも設け、一体感のあるデザインに仕上げる。計画では、組合事務所跡地に2階建ての新たな伏見支店(延べ約770平方メートル)を来年2月に開業する。続いて旧支店跡地に2階建ての新事務所(延べ約300平方メートル)を同11月にオープンする。京都信金は土地交換で敷地が約2倍に広がり、仮店舗を設けず建て替えられる。組合は老朽化が懸案だった事務所を一新し、京都信金が拡充する駐車場や支店内に設けるホールを利き酒会の会場として利用するという。

明治初期に建てられた町屋を復元して生まれる新しいブリューパブ家守堂ができてぐっと雰囲気が変わった

竜馬通り

ホステルにカフェ、街の雰囲気がグッと変わりそな時にコロナでした。

納屋町商店街のバリケードにのぞく赤い鳥居。ラーメンのテーマパーク「京都伏見拉麺長屋」。コロナで大幅に計画が変更になっていると思われます。

本来の開業時期は令和2年1月でした。

プラザ大手筋跡地はイオン仮店舗に

2019年8月に閉店し分譲マンション計画が噂されていたプラザ大手筋跡地は、イオン伏見店建替のための仮店舗となりました。

1968年開業で建物は老朽化が進んでおり、仮店舗が抜けた後はやはり解体されマンションになるのでしょうか。

大手筋商店街から少し道をそれると、そこには風情がありすぎる街並が続いています。

鳥せい前では行列をよく見かけます。

大手筋商店街(東側入口) 京阪「伏見桃山」駅

京阪電鉄の駅ビルが新たに完成しています。

1Fにはマツキヨ、コメダが見えます。

看板にはダイソー、エニタイムフィットネス、馬淵教室が見えます。

斜め向かいには餃子屋さんがNEWオープンしています。

以前はたい焼き屋さんでした?

餃子の自販機が新しいです。

御香宮神社

ウィキペディアより

初めは「御諸神社」と称した。創建の由緒は不詳であるが、貞観4年(862年)に社殿を修造した記録がある。伝承によるとこの年、境内より良い香りの水が湧き出し、その水を飲むと病が治ったので、時の清和天皇から「御香宮」の名を賜ったという。この湧き出た水は「御香水」として名水百選に選定されている

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください