京都の中心部 空前のホテル開発ブーム!!

SHARE

京都の中心部 空前のホテル開発ブーム!!

 

京都新聞記事(3/7)

 

京の中心部
空前のホテル開発ブーム

 

 

 

建設ラッシュ続く強気

 

 

 

 

京都中心部で空前のホテル開発ブームが起きている。

・・・

民間調査によると、市内のホテル客室数は2017年からの4年間で57%増と全国の主要8都市で断トツの伸び率となる見通し。

20年には想定される客室需要よりも1万室以上多くなるという。

・・・

 

三井不動産は2月、JR京都駅(下京区)の東側で136室のホテル建設し、19年夏に開業すると発表した。

 

(京都駅東側の三井不動産のホテル)

 

 

 

 

 

 

予定地の隣では、京阪グループが約170億円を投じて建設する大型ホテルの槌音が響く。

 

(三井の隣に計画される京阪グループのホテル)

 

 

 

 

その1週間後には、関電不動産開発(大阪市)が市営地下鉄烏丸御池駅(中京区)近くに99室の地上10階建てホテルを新築する計画を明らかにした。

 

 

(関電不動産開発のホテル)

 

 

 

 

 

 

 

・・・京都では17〜20年にかけ、民泊施設やゲストハウスを除き、ホテルだけで1万3000室の客室(開業済みも含む)が新たに供給されるという。

16年末の客室数は約2万2000室なので、4年間で実に1.6倍近くに増えることになる。

 

 

外国人客に勝機

 

「必ずしも供給過剰になるとはいえない」という。京都府は外国人が訪問先で宿泊する比率が4割と低く、府外の施設に流出しているといい、「客室が増えれば需要の回帰が予想される」と説明する。

 

4月に地下鉄四条駅(下京区)近くに127室のホテルを開業するロイヤルホテルズアンドリゾーツ(東京)親会社の三菱地所は「京都の宿泊需要は底堅く、今後も出店を増やせる」(広報部)とし、京都駅や観光地からのアクセス面を重要視する。

 

(4月オープンの三菱地所のホテル)

 

 

 

 

 

市内で計400室以上の宿泊主体型ホテルを運営するホテルエムズ(中京区)の村田博司社長は「宿泊施設が足りず、泊まれない観光都市は海外でもほとんどない。ホテルはむしろ供給過多でいい」と訴える。

 

京都新聞記事(2017.2/18)

 

 

(2018年春開業といわれる河原町通七条のホテル)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です