京都銀行による銀行店舗併設の(仮称)河原町五条ホテル計画地

SHARE

京都銀行による銀行店舗併設の(仮称)河原町五条ホテル計画地

 

 

昨日

11月12日 京都新聞 朝刊記事に

京都銀行

の記事が掲載されていました。

 

 

 

その記事内に

(記事より引用)

 

土井頭取は、既存店の活用策にも言及し、河原町支店(下京区)の建て替えに伴って店舗にホテルを併設すると発表した。計画では10階建ビルを建設し、190室程度のホテルを設ける。運営は民間事業者に委託し、新たな収益源とする狙いで、2021年4月の完成を目指す。

今後、市内の店舗を建て替える際はホテルに加え、オフィスビルやマンションなど他施設の併設を検討していくとし・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清水寺ヘ続く五条通沿いは

ホテルの計画地が

まだまだ

出てきています。

 

 

五条通東洞院東の

九州旅客鉄道(株)=JR九州による

ホテル計画地です。

 

 

9階建。

 

 

 

ホテル事業に

続々参入です。

 

 

 

 

 

そして

 

河原町五条

 

 

 

北西角に

 

 

バリケード。

 

 

 

 

以前は

京都銀行河原町支店がありました

※現在、河原町支店は

寺町通高辻下るの「仮店舗」にて営業中です

 

 

 

 

 

地方銀行の建て替えは

ここ京都では

かなり多く見受けられますが

角地など

立地の良い場所が多いため

こういった事例も増えていきそうです。

 

 

 

 

銀行ビジネス以外の

新たな収益源です。

 

 

(仮称)河原町五条計画

 

 

 

 

・10階建

・190室

・建築主/㈱京都銀行

・営業開始/2021年4月末

 

 

 

・用途/銀行の支店、ホテル(簡易宿所)、店舗

 

店舗とは

コンビニとかでしょうか?

 

 

 

どんなホテル名になるのか

楽しみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。